コマ・プロダクション『ミザリー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

コマ・プロダクション

『ミザリー』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年9月29日(土)〜10月10日(水)
会場 シアターアプル
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-19-1 新宿コマ劇場地下
PR・解説 緊張と興奮の連続!
あなたは、笑いながら悲鳴をあげるー。

原作はモダンホラーの帝王・スティーヴン・キング。「スタンド・バイ・ミー」「グリーンマイル」など、出版する小説は軒並みベストセラーになるというまさに神様的な存在です。キング作品の中でも「ミザリー」は抜群の知名度を誇り、映画でも大ヒットを記録。主演のキャシーベイツは見事ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞を受賞しました。
又演劇界でも心理スリラー劇として高い評価を獲得。スリリングであると同時にユーモラスなシーンも多く、観客は笑いながらそのあまりの恐ろしさに冷や汗を流すことでしょう。スリルとサスペンス、恐怖と笑い、相反する感情が入り混じる緊迫の応酬劇。まさに演劇ファンにはたまらない最高のキャストと最高のスタッフで作り上げるスリルとサスペンスを味わって頂ける作品です。
ストーリー 大衆向けのシリーズ小説「ミザリー」で一躍ミリオンセラー作家なったポール・シェルダン(小日向文世)は、主人公「ミザリー」に美しい死を与えてシリーズを終わらせてしまった。そして山荘にこもりとうとう出来上がった新作を車で出版社に届けようとしたポールは、嵐の中で崖から転落してしまう。しかし付近に住む元看護婦のアニー(渡辺えり子)に救われ、奇跡的に命をとりとめる。昏睡している間にポールの身分を知った彼女は狂喜する。アニーは小説「ミザリー」の熱狂的なファンだったのだ。
しかし小説の主人公が最終章で死を迎えたことを知ったアニーは逆上する。
ポールに主人公は死んでいなかったという続編を書かせるために異常なファン心理とサディズムによって監禁し、数々の拷問を加えるのだった。強引に「ミザリーの生還」をポールに書かせようとするアニーだが、ある時は子供をあやす母のようなしぐさでポールに話し掛け、またある時は乙女のような純粋さをポールに示す。そして、アニーが実は何人もの人間を殺した精神異常者とわかったポールは、何とか脱出を謀ろうとするのだが…
スタッフ 原作=スティーヴン・キング/脚本=サイモン・ムーア/演出=松本祐子/翻訳=常田景子/美術=松井るみ/照明=三上良一/音響=井上正弘/衣裳=宮本宣子
キャスト 渡辺えり子/小日向文世
お問い合わせ コマ・プロダクション

チケット発売日

2007年7月14日(土)

入場料金

全席指定7,000円(税込)

チケット発売窓口

コマ・プロダクションチケットセンター 03-3207-5588
(10:00〜17:00)年中無休

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:375-334
ローソンチケット
lawsonticket.com
Lコード:38084
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2007年9月29日(土) 〜 10月10日(水)

2007年9月

23 24 25 26 27 28 29
  •  
  •  
  • 18:30
30
  • 13:30
  •  
  •  
           

2007年10月

  1
  • 13:30
  •  
  •  
2
  •  
  •  
  • 18:30
3 4
  • 13:30
  •  
  • 18:30
5
  •  
  •  
  • 18:30
6
  • 13:30
  •  
  • 18:30
7
  • 13:30
  •  
  •  
8
  • 13:30
  •  
  •  
9
  • 13:30
  •  
  •  
10
  • 13:30
  •  
  •  
11 12 13
7/3(水)休演

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6522

トラックバック一覧