Afro13『Vampire Killer』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Afro13

Afro13 Asia Live 2007

『Vampire Killer』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年8月10日(金)〜8月12日(日)
会場 black chamber
〒559-0011 大阪府大阪市 住之江区北加賀屋4-1-55
PR・解説 今回の作品は台湾キャストと日本キャストの合同創作です。
台湾キャストは台湾語を、日本キャストは日本語を使い、 でも日本人も台湾人も理解できるバイリンガルライブ。
5月から一ヶ月台湾に行き、台湾で稽古をし、6月に台湾で上演し、 台湾のチャイナタイムズ(日本の朝日新聞的な新聞)でも大きく写真入りで紹介された作品です。
ぜひぜひ観に来てください。
ストーリー ずっとずっと昔の、未来の話……
once upon a time , in a future……

大災難の時代。
戦争。飢饉。殺戮。異常な環境の激変。
そして、虚無の刻…

人は…
およそ人でなくなっていった。

なかに。
特異な習性を持つものが生まれた。

血をすする。
人間の血をすすることで、生き続けるのだ。

進化の果てに生まれた、忌まわしき鬼子。
人々は、彼らをこう呼んだ。
ヴァンパイアと。

ヴァンパイアの一群は、急速に勢力を伸ばし、やがて世界を席巻した。
世界は、ヴァンパイアの王を頂点とするヴァンパイア一族に支配された。
だが、それからさらに数百年ののち、人間は立ち上がった。
吸血鬼対人間の戦争。
ついに、人間は、勝利を収め、ヴァンパイアは滅びの道を進む。

このお話は、
吸血鬼の生き残りを絶滅させようとするヴァンパイアハンターと、
吸血鬼の生き残りの兄妹の話である。
スタッフ 構成・演出=佐々木智広/Producer=斎藤努/照明=浜崎亮/衣裳=松岡絵理
キャスト 吉谷光太郎(アクサル)/新良エツ子(兎町十三番地)/陳依孝(劇樂部)/蒋筱茹(劇樂部)/高偉圻(劇樂部)/顧湘萍(劇樂部)/饒駿頌(劇樂部)
お問い合わせ 企画・製作会社 Spacetrip
09019690827
aal07@spacetrip.cc
Afro13 Asia Live

チケット発売日

2007年7月1日(日)

入場料金

前売3,000円/当日3,500円/学生前売1,000円/学生当日1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

企画・製作会社 Spacetrip 09019690827

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年8月10日(金) 〜 8月12日(日)

2007年8月

5 6 7 8 9 10
  • 19:30※
  •  
  •  
11
  • 15:00
  • 19:30
  •  
12
  • 13:00
  • 17:00
  •  
13 14 15 16 17 18
※1階席は完売・当日券は2階席のみの販売になります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6534

トラックバック一覧