劇団ジャブジャブサーキット『アインシュタイン・ショック』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団ジャブジャブサーキット

劇団ジャブジャブサーキット第46回公演

『アインシュタイン・ショック』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年6月27日(水)〜7月1日(日)
会場 ウイングフィールド
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-1-27
PR・解説 2003年に上演し好評だった「タイタニック・ポーカー」に続く、北村想氏草案シリーズ第2弾。昨年、岸田國士戯曲賞最終候補(結果は該当作なし)に選ばれた「歪みたがる隊列」に続く、はせひろいちの新作です。
実際に1922年(大正11年)の11月17日に日本の土を踏み、12月29日までの実に43日間も日本に滞在したアインシュタイン。当時43歳だった彼は、まさに日本へ向かう船上でノーベル物理学賞受賞の知らせを受けています。ナチス政権から市民権を剥奪され首に賞金を掛けられ、アメリカに移住する10年以上も前の話です。来日にまつわる歴史的資料を参考にしながら、当時の科学者はもちろん、文化人やインテリ達も大いに巻き込み、混乱させられたという、彼の知的影響力を探るフィクションです。
ストーリー 古ぼけた大きな黒板に描かれた「E=MC2(二乗)」の文字。それを背にした京都帝国大学の学生控え室は、ある種の興奮と混乱に包まれていた。ついに「彼」が、東京、仙台、名古屋で一般講義を無難にこなし、今まさに京都入りしようとしているのだった。そう、彼の名は「アルバート・アインシュタイン」。博士の通訳を勤める「恋する物理学者」石原純が気晴らしに、西田幾多郎の一番弟子でもある田辺元を訪れ、学生相手に博士のエピソードを披露すれば、自ずと学生の意気も高まる。学生歓迎会で代表スピーチを任された3回生の荒木は、お偉い学者連中が博士を独占することに憤慨し、ある画策を始める。やがて東京から寺田寅彦がお忍びで駆けつけ、アインシュタイン・フィーバーはピークを迎える。そんな中、別の時間軸に存在する「白い服の人たち」は、夜の教室で蕎麦をすする怪しげな存在を確認し、話題となるのだが…。
スタッフ 草案=北村 想/作・演出=はせひろいち/照明=福田恒子/衣裳=木場絵理香/音響=松野 弘/舞台監督=岡 浩之/宣伝美術=奥村良文(ワークス)/制作=咲田とばこ/制作=中杉真弓
キャスト 栗木己義/小山広明/はしぐちしん(コンブリ団)/岡 浩之/咲田とばこ/小関道代/中杉真弓/岩木淳子/荘加真美/江川由紀/千頭麻衣/熊野てつこ/鳥岡寿江/鈴木愛子/なかさこあきこ/杉山寿弥(あうん堂)
お問い合わせ 劇団ジャブジャブサーキット
058-324-2971
jjcoffice@yahoo.co.jp
劇団ジャブジャブサーキット公式HP SENTAKU通信
ウイングフィールド
06-6211-8427

チケット発売日

2007年5月13日(日)

入場料金

一般前売2,800円/一般当日3,000円/学生前売2,000円/学生当日2,300円/ペア券5,000円(全席自由・税込)

ペア券は前売り劇団予約のみ
学生は大学生以下

チケット発売窓口

劇団ジャブジャブサーキット 058-324-2971

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:375-760
その他プレイガイド情報 ウイングフィールド tel06-6211-8427(電話予約のみ)

公演日程

2007年6月27日(水) 〜 7月1日(日)

上演時間 約2時間

2007年6月

24 25 26 27
  • 19:30
  •  
  •  
28
  • 19:30
  •  
  •  
29
  • 19:30
  •  
  •  
30
  • 14:00※
  • 19:30
  •  

2007年7月

1
  • 14:00
  •  
  •  
2 3 4 5 6 7
※北村想氏を迎えてのアフタートーク ご当地ゲスト:棚瀬美幸さん(南船北馬一団)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6611

トラックバック一覧