シンクロナイズ・プロデュース『おしっこ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シンクロナイズ・プロデュース

シンクロナイズ・プロデュース第19回公演 芸術文化振興基金助成事業

『おしっこ』僕のヒーロー探し

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年8月8日(水)〜8月12日(日)
会場 ベニサン・ピット
〒135-0007 東京都江東区新大橋2-17-12
PR・解説 今作品は、2004年秋に発表された、詩人の谷川俊太郎氏の詩「おしっこ」から発想を得て、
シンクロナイズの代表・久次米健太郎が書き下ろす最新作です。
この詩に小室等さんが作曲をし、プロテストソングとしても歌われています。
昨年8月の谷川俊太郎、谷川賢作親子のコンサート「夏の散歩道」の構成演出を久次米が担当し、俊太郎氏ご本人の快諾を得、今回の公演が実現しました。

対立し共鳴し交錯する…神々と人間、権力者と民衆、資本家と労働者、男と女、ヒーローとコロス…
が織りなす、ちぐはぐで空回りする人間、そして社会を、シニカルな群衆劇として描きます。
荒んだ現代という闇から解き放たれた一筋の光に希望を見出す、珠玉の作品、ぜひご覧ください。
ストーリー 主人公のヒデオは、混沌とした生活から抜け出したいと思っていた。
どうやらこの国ではヒーローになれそうもない。
家族の反対を押し切り、彼女とも別れ、海外へと向かう。
が、到着したのは戦地。真実と嘘が飛び交う無法地帯。訳も分からず彷徨い続け、
一時の安らぎと快楽を求めたあげく、娼婦にお金も服も巻き上げられる始末。
途方に暮れた深夜、誰も知らない町、生まれたままの姿でおしっこするヒデオ。
野良犬が通りかかり、水たまりになったおしっこを飲みだした。
日本って平和だなぁ、日本に帰ろう。
しかしその頃、平和日本では…。
スタッフ 作・演出=久次米健太郎/音楽=鼓代涼/音楽=東城裕之/照明=芦辺靖/音響=宮田充規/舞台監督=渡辺了(ジ・アクト)/宣伝美術=西山昭彦/制作デスク=前田優子/企画制作=シンクロナイズ・プロデュース
キャスト 水谷純子/井上加奈子/八木理香子/坂下しのぶ/横溝浩一/早川毅/松下太亮/西條美穂/南真理子/高石直美/草光純太/伊木輔/牟田圭吾/郷原大輔/宮本拓弥/池野辺祐子/加藤真由子/大浜直樹
お問い合わせ シンクロナイズ・プロデュース
044-814-0503 / 050-3006-1681
info@synchro.ptu.jp
SynchronizeProduce official web site

チケット発売日

2007年6月24日(日)

入場料金

前売り3,500円/当日3,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

シンクロナイズ・プロデュース 044-814-0503

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:378-117

公演日程

2007年8月8日(水) 〜 8月12日(日)

2007年8月

5 6 7 8
  • 19:00
  •  
  •  
9
  • 19:00
  •  
  •  
10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 14:00
  • 19:00
  •  
12
  • 14:00
  •  
  •  
13 14 15 16 17 18

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6636

トラックバック一覧