百景社『人形の家』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

百景社

百景社 野外公演2007

『人形の家』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年9月14日(金)〜9月16日(日)
会場 豊里ゆかりの森 屋外ステージ
〒300-2633 茨城県つくば市遠東661
PR・解説 毎年恒例となりました百景社のつくば野外公演。今年の演目はイプセン作「人形の家」でお送りいたします。
雰囲気満点、夜の森の野外舞台。
百景社が創り上げる舞台の〈現在(いま)〉と、イプセンが当時の社会へ投げかけたこの戯曲を検証することで見えてくる、〈現代(いま)〉。二つの〈いま〉が舞台空間へと融け込み、俳優の身体と言葉を通して顕れてくる、贅沢な時間を体験してください。
ストーリー 夫のヘルメルと仲睦まじく暮らすノーラ。彼女にはかつて夫のために工面した秘密の借金があった。クリスマスの前日、ノーラの元に借金を用立てたクロクスタが訪れる。彼はヘルメルによって職を解雇されそうな事を知り、秘密の暴露を盾にノーラへ夫に解雇撤回を頼むよう脅す。
ヘルメルにクロクスタの解雇撤回を申し出るノーラ。それを認めないヘルメル。解雇通知を受け取り、ノーラの元へ詰め寄るクロクスタ。彼は全てを暴露する手紙を手に、最後通告を言い渡す。一方、ノーラから全てを打ち明けられたリンデは、ノーラを救うため、かつての恋人であったクロクスタの説得へと向かう。
翌日、ヘルメルとノーラが友人ランクと舞踏会に出かけている間にリンデはヘルメル家の居間にクロクスタを呼び出す。就寝前、郵便受けに向かったヘルメルはそこに残されたクロクスタの手紙によって遂に全てを知る事となる。彼は妻の犯した罪が自分に及ぶ事を恐れ、取り乱してノーラに当り散らす。予想だにしなかったヘルメルの醜態を冷やかに見つめながら、ノーラは夫の本当の姿を悟り始める……。
スタッフ 構成・演出=志賀亮史/舞台美術=森岡美希/照明=半田達郎/宣伝美術=繁田 彩/制作=中尾栄治
キャスト 村上厚二/山本晃子/栗山辰徳/鬼頭 愛/梅原愛子/国末 武
お問い合わせ 百景社
029-879-0025
hyakkeisya@gmail.com
百景社Webサイト

チケット発売日

2007年8月1日(水)

入場料金

一般・前売2,000円/一般・当日2,500円/学生・前売1,500円/学生・当日2,000円(全席自由・税込)

※未就学児童のご入場はご遠慮下さい。
※学生券は要学生証。

チケット発売窓口

百景社 029-879-0025
http://www17.plala.or.jp/hyakkeisya/

チケット販売サイトへ

Confetti(カンフェティ) http://confetti-web.com/

公演日程

2007年9月14日(金) 〜 9月16日(日)

2007年9月

9 10 11 12 13 14
  • 19:30
  •  
  •  
15
  • 19:00
  •  
  •  
16
  • 19:00
  •  
  •  
17 18 19 20 21 22
※受付は開演の60分前/開場は開演の15分前開始予定。
※開場後、予約受付順に客席へご案内いたします。
※雨天決行(客席には屋根がございます)
※つくばエクスプレス「つくば駅」より送迎バスが出ます。(要予約)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6696

トラックバック一覧