リボルブ方式『東京衛星』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

リボルブ方式

リボルブ方式第7回公演

『東京衛星』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年8月1日(水)〜8月5日(日)
会場 OFF OFFシアター
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8
PR・解説 ナイロン100℃の役者・吉増裕士主宰のユニット。吉増の独特の人間観・世界観と、言葉の響きにこだわった台詞まわしやナンセンスな笑いを武器に、観客の想像力に委ねた説明しすぎない芝居が特徴。故に、評価は賛否両論。主に、わかりにくい、ばかばかしい、くだらない、と評される。
今回は、一つの物事に対し、さまざまな人がさまざまな距離感を保ちながら生活する東京という都市の、日常から湧き出る異形なもの、生活から横滑りに現れる異空間を描きます。
前回公演から1年と少し、久しぶりのOFFOFFシアター。うだるような暑い日にふさわしい、ひんやりとした都市伝説のようなお話です。
ストーリー 望遠鏡から覗いた先へ消えた女、そしてその女の部屋で捜すことなく夢を見続ける鬱な探偵。夜の自販機前では隠れ隠れワンカップを呑み続ける男とそれを見守る自販機の妖精。アンドロメダについて喧嘩ばかりしている金星人と土星人、その二人の宇宙人が住む築40年のアパートの窓から見える景色は金星でも土星でもなくもちろん東京で、その夜の空はぬるく燃えていて……。

ひとつの出来事の周りをいろんな距離感で浮遊している人たちの、でもおそらくその距離感は間違っちゃってる人たちの、その間違っちゃってる分を何かで埋めようとする人たちの、ぐるぐる行き着くところの無いどうでもいいけどどうにもならないお話の、そんなリボルブ方式短編集。
スタッフ 作・演出=吉増裕士
キャスト 田中嘉治郎/廻飛雄/田中秀典/イチキ游子/播田美保/宮本奈津美
お問い合わせ リボルブ方式
070-5218-1719
info@revolve-h.com
リボルブ方式 OFFICIAL WEBSITE

チケット発売日

2007年6月23日(土)

入場料金

2,500円(全席自由・税込)

平日昼、日曜夜公演は前売1,500円

チケット発売窓口

リボルブ方式 070-5218-1719

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:377-424

公演日程

2007年8月1日(水) 〜 8月5日(日)

2007年8月

      1
  • 19:30
  •  
  •  
2
  • 14:00☆
  • 19:30
  •  
3
  • 19:30
  •  
  •  
4
  • 14:00
  • 19:30
  •  
5
  • 14:00
  • 18:00☆
  •  
6 7 8 9 10 11
☆前売1,000円割引!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6718

トラックバック一覧