『アルゴス坂の白い家』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

三つの悲劇 ギリシャから

『アルゴス坂の白い家』―クリュタイメストラ―

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年9月20日(木)〜10月7日(日)
会場 新国立劇場 中劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町 1-1-1
PR・解説 不貞、夫殺し、母殺し・・・家族だからこそもつれる、愛憎の念。
紀元前の昔から人間の“業”を見事に描き出した傑作として、現代に至るまであらゆるドラマの原型となってきた“アトレウス家の悲劇”。本作はこの悲劇を妻であり母である女・クリュタイメストラを核に据え、ギリシャ悲劇を上演する創作現場を舞台に、現代日本人のドラマとして再生させます。クリュタイメストラは「女優」、夫アガメムノンは「映画監督」、愛人アイギストスは「シナリオライター」、娘エレクトラは「新進作家」――。
作は大胆にして緻密な構成力で定評のある川村毅、演出はこれが芸術監督としての第一作目となる鵜山仁。この二人による初顔合わせと佐久間良子をはじめとする魅力的なキャスト陣により、現代人の琴線にリアルに迫る、古くて新しい「ギリシャ悲劇」が登場します。
ストーリー 夫アガメムノンへの憎悪を抱く妻クリュタイメストラは愛人のアイギストスと計って、夫を殺害するが、息子のオレステスと娘エレクトラに復讐の機会を狙われる・・・。『アルゴス坂の白い家』は、この「ギリシャ悲劇」を題材にした現代演劇を上演しようとしている現代日本人の物語。「女優」「映画監督」「シナリオライター」「新進作家」が家族として住む「アルゴス坂の白い家」におこる悲劇を軸に、原作の作家であるエウリピデスを劇中に登場させ、現代の劇作家の悩みにこたえるシーンも盛り込みながら「ギリシャ悲劇」の構造を分かり易く立体化。実の子供たちに命を狙われる母クリュタイメストラの行きつく先は?
スタッフ 作=川村毅/演出=鵜山仁
キャスト 佐久間良子/小島聖/李丹/山田里奈/篠崎はるく/磯部勉/有薗芳記/山中崇/松本博之/中村彰男/石田圭祐/小林勝也
お問い合わせ 新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999
その他
お問い合わせ
http://www.nntt.jac.go.jp

チケット発売日

2007年7月21日(土)

入場料金

S席7,350円/A席5,250円/B席3,150円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999
http://www.nntt.jac.go.jp

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
ローソンチケット
lawsonticket.com
e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
http://www.cnplayguide.com
チケットWeb松竹 http://www1.ticket-web-shochiku.com/p/

公演日程

2007年9月20日(木) 〜 10月7日(日)

2007年9月

16 17 18 19 20
  •  
  •  
  • 19:00
21
  •  
  •  
  • 19:00
22
  •  
  • 13:00
  •  
23
  •  
  • 13:00
  •  
24
  •  
  • 13:00☆
  •  
25 26
  •  
  • 14:00
  •  
27
  •  
  • 14:00
  •  
28
  •  
  • 14:00
  • 19:00
29
  •  
  • 13:00
  •  
30
  •  
  • 13:00☆
  •  
           

2007年10月

  1 2
  •  
  • 14:00
  •  
3
  •  
  • 14:00
  •  
4
  •  
  •  
  • 19:00
5
  •  
  •  
  • 19:00☆
6
  •  
  • 13:00
  •  
7
  •  
  • 13:00☆
  •  
8 9 10 11 12 13
☆=託児所がご利用いただけます

※「三つの悲劇」3作品特別割り引き通し券のご案内
2007/2008シーズンより新たに就任する鵜山仁演劇芸術監督の企画第一弾 『三つの悲劇―ギリシャから』の「アルゴス坂の白い家」「たとえば野に咲く花のように」「異人の唄」3公演のS席セットを7月21日(土)より発売いたします。
 発売日を気にすることなく、お好きな日程・お得な料金でご覧いただける、大変便利なセットです。チケット3枚正価22,050円のところ19,500円(税込)にて販売いたします。
 お申込みは、新国立劇場ボックスオフィス(窓口:劇場1階/電話:03-5352-9999)にて承ります。またチケットのお引取りは、新国立劇場ボックスオフィスと全国のチケットぴあ店舗(コンビニエンスストアを除く)で行っております。あらかじめ3演目のご観劇日を決定された上で、お申込みください。


みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6794

トラックバック一覧