『たとえば野に咲く花のように』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

三つの悲劇 ギリシャから

『たとえば野に咲く花のように』―アンドロマケ―

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年10月17日(水)〜11月4日(日)
会場 新国立劇場 中劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町 1-1-1
PR・解説 トロイア戦争に敗れて亡くなった夫を想いながら、敵国エーペイロスの囚われ人として生きた女性アンドロマケ。ギリシャ三大悲劇詩人エウリピデスと、フランス古典主義を代表するラシーヌが描いた“アンドロマケ”は、愛する者に愛されない4人の男女の四角関係と、それが引き起こす悲劇の物語。今回は、1951年、朝鮮戦争中の日本に舞台を移し、激しい恋にとらわれてしまった人間の、どこまでも愚かで、愛らしく、それでいて滑稽に見えてしまう究極の姿を"大爆笑の大悲劇"として描き出します。
作に、『ザ・寺山』で岸田國士戯曲賞を、映画『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞し、独自の世界を圧倒的な言葉で紡ぎ出す劇作家鄭義信を迎え、人間の細やかな心の機微を丁寧に描き、今、女性演出家として最も注目を浴びる鈴木裕美が演出を手がけます。
ストーリー 1951年夏、とある港町の寂れたダンスホール。戦争で失った婚約者を想いながら働く朝鮮人、安満喜。そこへ先頃オープンしたライバル店を経営する安部康雄が訪れる。戦地から還った経験から「生きる」ことへのわだかまりを抱いていた康雄は、「同じ目」をした満喜に夢中になり店に通い詰めるが、満喜は頑として受けつけない。一方、康雄の婚約者あかねは、心変わりした康雄を憎悪しながらも、恋心を断ち切れずにいる。そんなあかねを、康雄を恩人と慕う直也が見守っていたのだが……。
スタッフ 作=鄭義信/演出=鈴木裕美
キャスト 七瀬なつみ/田畑智子/三鴨絵里子/梅沢昌代/永島敏行/山内圭哉 /大沢 健/大石継太/池上リョヲマ/佐渡 稔
お問い合わせ 新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999
その他
お問い合わせ
http://www.nntt.jac.go.jp

チケット発売日

2007年9月8日(土)

入場料金

S席7,350円/A席5,250円/B席3,150円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
ローソンチケット
lawsonticket.com
e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
http://www.cnplayguide.com
チケットWeb松竹 http://www1.ticket-web-shochiku.com/p/

公演日程

2007年10月17日(水) 〜 11月4日(日)

2007年10月

14 15 16 17
  •  
  •  
  • 19:00
18
  •  
  •  
  • 19:00☆
19
  •  
  •  
  • 19:00
20
  •  
  • 13:00☆
  •  
21
  •  
  • 13:00☆
  •  
22 23
  •  
  • 14:00
  •  
24
  •  
  •  
  • 19:00☆
25
  •  
  • 14:00
  •  
26
  •  
  •  
  • 19:00
27
  •  
  • 13:00☆
  •  
28
  •  
  • 13:00
  •  
29 30
  •  
  • 14:00
  •  
31
  •  
  •  
  • 19:00
     

2007年11月

        1
  •  
  • 14:00
  •  
2
  •  
  •  
  • 19:00
3
  •  
  • 13:00
  •  
4
  •  
  • 13:00☆
  •  
5 6 7 8 9 10
☆=託児所がご利用いただけます

※「三つの悲劇」3作品特別割引通し券のご案内
2007/2008シーズンより新たに就任する鵜山仁演劇芸術監督の企画第一弾 『三つの悲劇―ギリシャから』の「アルゴス坂の白い家」「たとえば野に咲く花のように」「異人の唄」3公演のS席セットを、7月21日(土)より発売いたします。
 発売日を気にすることなく、お好きな日程・お得な料金でご覧いただける、大変便利なセットです。チケット3枚正価22,050円のところ19,500円(税込)にて販売いたします。
 お申込みは、新国立劇場ボックスオフィス(窓口:劇場1階/電話:03-5352-9999)にて承ります。またチケットのお引取りは、新国立劇場ボックスオフィスと全国のチケットぴあ店舗(コンビニエンスストアを除く)で行っております。あらかじめ3演目のご観劇日を決定された上で、お申込みください。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6795

トラックバック一覧