『異人の唄』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

三つの悲劇 ギリシャから

『異人の唄』―アンティゴネ―

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年11月14日(水)〜12月2日(日)
会場 新国立劇場 中劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町 1-1-1
PR・解説 映画・ドラマ化された『同じ月を見ている』・『編集王』、連載中の『夜回り先生』など、他ジャンルからの支持も厚い漫画家土田世紀。太宰治や宮沢賢治の影響を受けたという、ピュアで不器用な人物を描き続けている土田が戯曲執筆に初挑戦。演出は鐘下辰男が手がけ、作家の世界観とギリシャ悲劇をどのように結びつけるのか見どころです。テバイの国法に背き処刑されたアンティゴネを描いた『アンティゴネ』と、オイディプスが運命に翻弄され、2人の娘アンティゴネ、イスメネと諸国を放浪する『コロノスのオイディプス』を大胆にドッキング。三味線弾きの父と民謡歌手の母、その間に生まれた娘2人、という旅芸人一座の、唄をめぐる逃れられない宿命やギリシャ悲劇的な一族の「血」の呪いが、卓越した俳優の演技とそれを彩るコロスの独特の動きによってダイナミックに描かれます。
ストーリー 三味線弾きの淀江宍道の妻サトは民謡歌手。2人娘のアン、メイと共に旅芸人一座として北海道を廻っていた。男を魅了する魔性の声を持つサトは、ある漁村で嫉妬のため殺され、目撃したショックからアンはその時の記憶を失い、歌おうとすると声が出なくなってしまう。数年後、認知症となった宍道を支えて暮らすアン。妹メイはそんな生活から抜け出したいと歌手デビューを目指し都会で路上ライブを繰り返している。そんなメイの前にレコード会社のプロデューサーが現れ、社長に会うことに。その社長とはサトのことを知る者だった…。
スタッフ 作=土田世紀/演出=鐘下辰男
キャスト 土居裕子/純名りさ/木場勝己/小林十市/すまけい   ほか
お問い合わせ 新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999
その他
お問い合わせ
http://www.nntt.jac.go.jp

入場料金

S席7,350円/A席5,250円/B席3,150円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999
http://www.nntt.jac.go.jp

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
ローソンチケット
lawsonticket.com
e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
http://www.cnplayguide.com
チケットWeb松竹  http://www1.ticket-web-shochiku.com/p/

公演日程

2007年11月14日(水) 〜 12月2日(日)

2007年11月

11 12 13 14
  •  
  •  
  • 19:00
15
  •  
  •  
  • 19:00
16
  •  
  •  
  • 19:00
17
  •  
  • 13:00
  •  
18
  •  
  • 13:00☆
  •  
19 20
  •  
  • 14:00
  •  
21
  •  
  •  
  • 19:00
22
  •  
  • 13:00
  •  
23
  •  
  • 13:00
  •  
24
  •  
  • 13:00
  •  
25
  •  
  • 13:00☆
  •  
26 27
  •  
  • 14:00
  •  
28
  •  
  • 14:00
  •  
29
  •  
  •  
  • 19:00
30
  •  
  •  
  • 19:00☆
 

2007年12月

            1
  •  
  • 13:00☆
  •  
2
  •  
  • 13:00
  •  
3 4 5 6 7 8
☆=託児所がご利用いただけます

※「三つの悲劇」3作品特別割り引き通し券のご案内
2007/2008シーズンより新たに就任する鵜山仁演劇芸術監督の企画第一弾 『三つの悲劇―ギリシャから』の「アルゴス坂の白い家」「たとえば野に咲く花のように」「異人の唄」3公演のS席セットを7月21日(土)より発売いたします。
 発売日を気にすることなく、お好きな日程・お得な料金でご覧いただける、大変便利なセットです。チケット3枚正価22,050円のところ19,500円(税込)にて販売いたします。
 お申込みは、新国立劇場ボックスオフィス(窓口:劇場1階/電話:03-5352-9999)にて承ります。またチケットのお引取りは、新国立劇場ボックスオフィスと全国のチケットぴあ店舗(コンビニエンスストアを除く)で行っております。あらかじめ3演目のご観劇日を決定された上で、お申込みください。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6796

トラックバック一覧