八田達弥 ぬえの会『八田達弥 ぬえの会』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

八田達弥 ぬえの会

『八田達弥 ぬえの会』第三回能楽公演

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

日本を代表する古典芸能、能の観世流公演です。体だけでなく心も駆使する舞台を発信したく、毎回心に残る公演を心がけております。
第三回目となる「ぬえの会」で今回上演するのは世阿弥作の「井筒」。600年前に書かれた作品ですが、現在も能を代表するとされる名曲です。静謐と情念のドラマにご期待下さい!

公演データ

公演期間 2007年9月9日(日)
会場 喜多六平太記念能楽堂
〒141-0021 東京都品川区上大崎4-6-9
PR・解説 【第三回 ぬえの会 能楽公演】

  観世流 仕舞「老松」「春日龍神」「高砂」「山姥」「弱法師」「難波」

  観世流 舞囃子「邯 鄲」 梅若万三郎

  和泉流 狂言 「縄 綯」 高澤 祐介

 観世流 能  「井 筒」 八田 達弥
ストーリー 能【井筒】 旅の僧が荒れ果てた廃寺で出会った不思議な女。女はこのところで昔 在原業平と過ごした美しい恋物語を語ると消え失せてしまう。その夜の僧の夢に女の霊が現れ、業平を懐かしんで舞を見せ、井戸に自分の姿を水鏡に映して業平への追憶を募らせる。しかし暁とともに彼女の姿は消え失せ、僧の夢も覚めるのだった。
キャスト 八田達弥(観世流能楽師)/梅若万三郎(観世流能楽師)/高澤祐介(和泉流狂言師) ほか
お問い合わせ ぬえの会
03-3975-2440
QYJ13065@nifty.com
能楽 ぬえの会

入場料金

指定A(正面)8,000円/指定B(脇正面)7,000円/自由席(中正面・二階席)5,000円/学生(自由席)2,500円(税込)

チケット発売窓口

ぬえの会 03-3975-2440

チケット販売サイトへ

梅若研能会 03-3466-3041

公演日程

2007年9月9日(日)

上演時間 4時半頃終演予定

2007年9月

9
  • 13:30
  •  
  •  
10 11 12 13 14 15

以下のサイトにて上演の詳報がご覧になれます。またブログでは上演作品研究や稽古の状況などを発信しております。
   ↓↓
 http://homepage3.nifty.com/nue-nohgaku/index.htm

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6833

トラックバック一覧