13号地『月が消えた夜に』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

13号地

13号地第8回公演・第19回池袋演劇祭出品作品

『月が消えた夜に』池袋の公園で飲んだくれてホームレス同然の生活をしている、ある男の話。

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年9月13日(木)〜9月17日(月・祝)
会場 アートスペースサンライズホール
〒171-0022 東京都豊島区南池袋4-19-6 日ノ出ビルB1
PR・解説 1994年旧転位21の加藤一也と成行ミチ子によって結成された13号地。叔父である脚本家、故・井出雅人の影響を受け、小説家志望であった矢野裕久さんの原作『同志』を加藤一也が脚本化、演出して旗揚げする。とことん本の世界を考えながら進めて行く演出方法で、文学的とも言われるが13号地独自の舞台を作り上げている。13号地の舞台は浅田次郎の短編を読んだような感覚になるとも称される。
13号地主要メンバーによる待望の2人芝居。
ストーリー 一枚のはがきを手に男は毎晩、池袋の公園で飲んだくれては寝泊まりをする生活をしていた。…そんな生活もはや3年、池袋の公園で違和感なくベンチに座る男…。何を考え、何を感じながらそこに居るのか…。

15年前男はある女友達が出来た…。たった2年間だったが、男にとって素晴らしく生き生き輝けた時だったのは間違いない。女が男の前を去って13年…。
女に逢うことは一度もなかった。

ある月夜の晩、その女が男の前に現れ…。

誰もが胸の奥に宿している孤独を素直に豪快に表現する!
スタッフ 作・演出=加藤一也/音響=島 猛/照明=ミゾカミクニコ/舞台監督=米山明男/写真=山口浩朗/制作=13号地タンデム ほか
キャスト 成行ミチ子/加藤一也
お問い合わせ 13号地タンデム
03-5680-0779 / 090-8174-5140
13goochi@13goochi.net
13号地
その他
お問い合わせ
メールアドレス2
e_13goochi@yahoo.co.jp

チケット発売日

2007年7月31日(火)

入場料金

前売2,700円/当日3,000円(全席自由・税込)

中学生以下は1500円(受付のみの販売)

チケット発売窓口

13号地 03-5680-0779
13号地ホームページよりの販売になります。
http://www.13goochi.net/

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:376-744

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年9月13日(木) 〜 9月17日(月・祝)

上演時間 約1時間40分

2007年9月

9 10 11 12 13
  •  
  •  
  • 19:00
14
  •  
  •  
  • 19:00
15
  •  
  • 15:00
  • 19:00
16
  •  
  • 15:00
  • 19:00
17
  •  
  • 15:00
  •  
18 19 20 21 22

受付開始は開演の1時間前
開場は開演の30分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6885

トラックバック一覧