トム・プロジェクト『夏きたりなば』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

トム・プロジェクト

トム・プロジェクト プロデュース

『夏きたりなば』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年9月18日(火)〜9月23日(日・祝)
会場 本多劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-10-15
PR・解説 『夏きたりなば』劇評より抜粋
作・演出のふたくちつよしは、今では早や中堅の劇作家だが、一貫して今日の日本の家族の日常生活に焦点を当てて、そこからドラマを引き出すことを目がけ、これまでの私の知る限り、「家族な人々」や「お茶をすすって」など、あれこれとユニークな成果をあげている。
この作品も同様だが、ここでは次のような構造が結構意欲的で目新しい。それは、タテに父帰るというより、祖父、精一が帰る出来事を後半に設定して、家族の根幹をなす、いわゆる親子の絆を今日的状況のうちに探るとともに、前半ではヨコに夫婦(正夫、紀子)、妻のぐんと年下の妹、博美と娘、早苗といった家族構成を、ボランティアないし福祉活動によって社会へと押し広げて、いわばタテ・ヨコの交点に新しい家族のありようと、その問題点をたずねようとしているのは興味深い。
ストーリー 山本家のある夏の日の週末。主婦、紀子が朝食の後片付けや掃除に余念がない。今日は未だ独身の妹の博美が「大事な人」を連れて来る日なのだ。しかし、何時とも変わらない休日の朝を迎えたこの家の主人正夫や一人娘の早苗はマイペースで紀子をいらだたせる。そんな中、博美が一人でやって来る。いぶかしむ紀子に博美は、実は今日連れて来る人は自分が在宅ケアーで廻っている一人暮らしの老人なのだと打ち明ける。その人に、家族の暖かな雰囲気を味合わせたいというのだ。
反対する紀子を、博美と早苗、そして正夫も加わって説得し、何故かその老人を正夫の父親に仕立て上げ、家族の一員として迎えようとの計画で盛り上がる。そしていよいよその老人がやって来た。
スタッフ 作=ふたくち つよし/演出=ふたくち つよし/美術=川口夏江/照明=山口明子/音楽=上田和史/音響=大野正美/宣伝美術=雨堤千砂子/舞台監督=土居三郎/プロデューサー=岡田潔/企画・制作=トム・プロジェクト
キャスト 仁科亜季子/青木勇二/田島ひさし/大塚まえ/江田佳代
お問い合わせ トム・プロジェクト
03-5371-1153
tom@tomproject.com

チケット発売日

2007年7月24日(火)

入場料金

前売 4,000円/当日 4,500円/学生3,000円/シニア3,500円(全席指定・税込)

学生・シニア(60歳以上)券はトム・プロジェクトのみ販売

チケット発売窓口

トム・プロジェクト 03-5371-1153

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:378-407
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:33973
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2007年9月18日(火) 〜 9月23日(日・祝)

上演時間 約1時間30分

2007年9月

16 17 18
  • 19:00●
  •  
  •  
19
  • 19:00●
  •  
  •  
20
  • 19:00●
  •  
  •  
21
  • 19:00○
  •  
  •  
22
  • 14:00●
  • 18:00○
  •  
23
  • 14:00●
  •  
  •  
24 25 26 27 28 29
ダブルキャスト ●大塚まえ ○江田佳代

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6891

トラックバック一覧