(株)コマ・プロダクション『プリティー・ガール』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

(株)コマ・プロダクション

『プリティー・ガール』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年11月2日(金)〜11月15日(木)
会場 シアターアプル
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-19-1 新宿コマ劇場地下
PR・解説 ある朝目覚めたら見知らぬ女が古女房のように居座っていた…。
この秋一番のラブ・アクシデント!「プリティー・ガール」は連城三紀彦原作の短編集「もうひとつの恋文」から「手枕さげて」が原作となっております。都会の片隅で生きる男と女が、偶然飲み屋で出会ったことから始まる破天荒な恋模様。本物の恋に出会いたい、ほんの少しの勇気がほしい、そんな恋に臆病な人たちに送る大人のためのハートフル・ラブ・コメディです。
ストーリー 構治(赤井英和)は、マジシャンに憧れて大手広告代理店を辞めたもののなかなか芽が出ず、うだつが上がらない。いつものように飲み屋で酔いつぶれた翌日、目覚めてみると、部屋には見知らぬ女、ユカリ(浅野温子)がまるで古女房のように居座っていた。押し問答の挙句、「一晩だけここに置いて」と必死に縋りつくユカリに押しきられ、しぶしぶ許したのが運のつき、二人の奇妙な共同生活が始まった。ユカリを想い続ける幼なじみの泰男(金山一彦)は、コトの成り行きに気が気ではない。一方、構治には8年付き合っている元同僚の章子(生稲晃子)がいた。美しく、仕事もできる彼女に結婚を申し込もうと考えていたのだが…。
そんなときでも、ユカリは、構治の部屋で毎日洗濯や掃除をし、一口も食べてもらえない食事を作り続け、構治の心無い言葉も優しく受け止め、ひたすら尽くし続けていた。しかし、構治は章子に対する気持ちが断ち切れないまま、ユカリの優しさを頑なに拒み続けるのだった。同居を始めて一ヵ月、ユカリが構治のためにとった行動とは・・・?
スタッフ 脚本=大野ゆう/演出=赤堀二英 ほか
キャスト 浅野温子/赤井英和/生稲晃子/金山一彦/平松慎吾/入澤正明 ほか
お問い合わせ コマ・プロダクションチケットセンター
03-3207-5588
コマ・プロダクションホームページ

チケット発売日

2007年8月4日(土)

入場料金

全席指定8,500円(税込)

チケット発売窓口

コマ・プロダクションチケットセンター 03-3207-5588

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:375-335
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:38085
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2007年11月2日(金) 〜 11月15日(木)

2007年11月

        1 2
  •  
  •  
  • 18:30
3
  • 13:00
  •  
  • 17:30
4
  • 13:00
  •  
  •  
5
  • 14:00
  •  
  •  
6
  •  
  •  
  • 18:30
7
  • 14:00
  •  
  • 18:30
8
  • 14:00
  •  
  •  
9
  •  
  •  
  • 18:30
10
  • 13:00
  •  
  • 17:30
11
  • 13:00
  •  
  •  
12
  • 14:00
  •  
  •  
13
  • 14:00
  •  
  •  
14
  • 14:00
  •  
  • 18:30
15
  • 14:00
  •  
  •  
16 17

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6908

トラックバック一覧