秋田テレビ『伊藤園 鶴瓶のらくだ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

秋田テレビ

第一回落語大秘演會

『伊藤園 鶴瓶のらくだ』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年11月10日(土)
会場 康楽館
〒017-0202 秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2
PR・解説 テレビでは決して見る事ができない、芸人 笑福亭鶴瓶がここにいる。鶴瓶がその熱い魂を賭けて挑戦する大落語エンターテインメント!!第一回落語大秘演會「伊藤園 鶴瓶のらくだ」は、笑福亭鶴瓶がたった
一人で挑む独自の大落語エンターテインメント。鶴瓶の師匠 故六代目・笑福亭松鶴の十八番でもあり、古典落語の名作中の名作といわれている演目「らくだ」を笑福亭鶴瓶ならではの奔放かつ斬新なスタイルで演じきります。今公演では「らくだ」のほかに鶴瓶オリジナルの「私(わたくし)落語」も口演。演出にテレビ界の鬼才、小松純也を迎えて贈る2時間を超える大エンターテインメントを特別な劇場で是非ご体感下さい。
ストーリー 古典落語の名作「らくだ」は、明治時代に三代目 柳家小さんが大阪から東京へ移入した噺で、
大阪では「らくだの葬式」と呼ばれている。
怪奇的ムードの中に大家と店子、長屋の者同士の付き合いという裏長屋の庶民生活を浮き彫りにし、それらを背景に、二人の主人公の関係性が、飲むほどに、酔うほどに、次第に逆転していくところが
この噺のクライマックスである。
その推移は面白く、噺家の個性が際立つ作品である。
故に過去 古今亭志ん生、八代目 三笑亭可楽、六代目 笑福亭松鶴などベテランの落語家でなければ手がつけられないむずかしい噺としても有名である。
また「らくだ」はその完成度の高さから歌舞伎化され何度も上演されているほか、榎本健一や
松竹新喜劇により喜劇化もされ、高田浩吉や榎本健一主演の映画(「らくだの馬さん」)にもなっている。
スタッフ 演出=小松純也(フジテレビ)
キャスト 笑福亭鶴瓶
お問い合わせ キョードー東北
022-296-8888
「伊藤園 鶴瓶のらくだ」

チケット発売日

2007年9月1日(土)

入場料金

6,300円(全席指定・税込)

全席指定・税込・未就学児童入場不可

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:378-055
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-002 Lコード:21980
【発売日18時以降】0570-000-407<オペレーターダイヤル 10:00〜20:00>
e+(イープラス)
eplus.jp
康楽館

公演日程

2007年11月10日(土)

2007年11月

4 5 6 7 8 9 10
  • 12:00※
  • 16:00※
  •  
※開場は開演の30分前

後援:康楽館

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6937

トラックバック一覧