劇団40CARAT『ラスト ヴァージン 改訂版』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団40CARAT

19回公演

『ラスト ヴァージン 改訂版』「珠代の不思議の秋のひと夜」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年9月28日(金)〜9月30日(日)
会場 アルシェ
〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-36-15
PR・解説 94年の旗揚げ以来、
“芝居だけでも、音楽だけでも物足りない”
をモットーに、伝説的な劇団「空間演技」や
「はみだし劇場」などで女優として活躍した
花山らら脚本・演出の芝居と、
渡辺勝をはじめとする生演奏のコラボレーションで
独自のスタイルの舞台を創り続けています。  
ストーリー 初演のあれから12年間、珠代はあの公園で今も同じ夢を見続けている。
12年前のあの公園、今夜も彼女(珠代)がいる。外灯の下。ホームレスらしき初老の女(珠代)は、ダンボールに座り込んでクロスワードゲームをしている。雨が降りそうな気配。「夫はアジアへ長期出張し、娘と息子は、外泊したまま帰ってこない家庭の主婦」「港町の外人バーに育ちそこで生きてきた女」・・珠代の中で二つが交叉する。真実はどちらか?と問うても詮無いこと、夢想の中での生活であろうとも生活したと言う記憶は珠代の心でその鮮やかな二色の糸はタペストリーとなって残っていた。であるならどちらも真実であろう。夢想であってもだ。珠代は確かにそこに生きたのだから。。

はたして迷い込んできたサラリーマンも珠代の見た幻だったのだろうか?古い公園の精霊たちが、彼女のそんな妄想を今夜も食べに来た。
スタッフ 作・演出=花山 らら/舞台監督=中島 オサム/照明=関塚 千鶴(ライオンパーマ)/演出助手=山田 香/宣伝美術=遠藤 麻由/舞台写真=名鹿 祥史/人形制作=遠藤 麻由/制作=鈴木 雅明(40CARAT事務局)/早川 知余(40CARAT事務局) ほか
キャスト 鹿又 隆志/本家 徳久/鈴木 麻記子/コバヤシ リエ/内江志 八枝(ヴォイスガレージ)/千賀 亜希子/渡辺 勝(ヴォーカル&ギター)/竹岡 隆(エレキベース)/竹田 裕美子(アコーディオン)
お問い合わせ 劇団40CARAT
090-8700-2183 / 070-6656-2174
gekidann40carat@hotmail.com
劇団40CARAT
その他
お問い合わせ
劇団HP http://www.40carat.com

チケット発売日

2007年8月15日(水)

入場料金

前売り2,500円/当日3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団40CARAT 090-8700-2183
E-mail gekidann40carat@hotmail.com
FAX 047-370-3552
TEL(稽古場) 090-8700-2183

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年9月28日(金) 〜 9月30日(日)

上演時間 1時間50分

2007年9月

23 24 25 26 27 28
  • 19:30
  •  
  •  
29
  • 14:00
  • 19:30
  •  
30
  • 14:00
  • 19:00
  •  
           

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6969

トラックバック一覧