花組芝居『KANADEHON 忠臣蔵』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

花組芝居

20周年記念公演第四弾

『KANADEHON 忠臣蔵』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

全十一段、奇跡の通し上演
ネオかぶきの集大成、ここに極まれり…

公演データ

公演期間 2007年11月30日(金)〜12月9日(日)
会場 世田谷パブリックシアター
〒154-0012 東京都世田谷区太子堂4-1-1
PR・解説 西に『ハムレット』があれば、東に『忠臣蔵』あり。映画やドラマでお馴染みの仇討ちストーリーの代表作ですが、知っているようでよく知らない、実はそれが『忠臣蔵』だったりします。城中での刃傷から仇討ち本懐にいたるまでの全十一段は、歌舞伎で上演すると半日以上はかかるという代物。それを花組芝居では2時間半で上演してしまおうという無謀にして贅沢な企画です!脚本を担当するのは、市川猿之助のスーパー歌舞伎でもおなじみの石川耕士氏。スーパー歌舞伎×ネオかぶきの超強力タッグをお見逃しなく!
ストーリー 室町の時代。高師直からの恥辱に耐えかねた塩冶判官が、城中で師直に斬りつけるという大事件が起きる。判官は事件の責任をとり切腹、お家は断絶という厳罰が幕府から沙汰された。ところが相手の高師直には一切のお咎めはなし。国家老の大星由良助をはじめとする四十数名の塩冶の家臣たちは師直への復讐を誓い、艱難辛苦の末、高家に討ち入りを果たして本懐を遂げるのだった。史実の『元禄赤穂事件』をベースに太平記の世界に当てはめた、十一段構成の丸本歌舞伎の代表的な傑作である。
スタッフ 脚本=石川耕士/演出=加納幸和/美術=川口夏江/照明=橋本和幸/音楽=坂本朗/義太夫三味線=鶴澤津賀寿/音響=清水吉郎(清水サウンド工房)/衣裳=松竹衣裳/小道具=宇佐美雅人(バックステージ)/舞台監督=安田美知子 ほか
キャスト 加納幸和/水下きよし/原川浩明/溝口健二/山下禎啓/植本潤/桂憲一/八代進一/大井靖彦/北沢洋/横道毅/嶋倉雷象/高荷邦彦/各務立基/秋葉陽司/松原綾央/磯村智彦/小林大介/美斉津恵友/堀越涼 ほか
お問い合わせ 花組芝居
03-3709-9430
電脳版花組通信

チケット発売日

2007年9月8日(土)

入場料金

S席6,000円/学生割引5,000円/A席4,500円(全席指定・税込)

◆学生割引は平日のみ
◆当日券は各400円増し

チケット発売窓口

花組芝居 03-3709-9430

チケット販売サイトへ

劇場チケットセンター 03-5432-1515

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:378-823
ローソンチケット
lawsonticket.com
Lコード:38162
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2007年11月30日(金) 〜 12月9日(日)

上演時間 約2時間30分(予定)

2007年11月

25 26 27 28 29 30
  • 19:00
  •  
  •  
 

2007年12月

            1
  • 13:00
  • 18:00
  •  
2
  • 13:00
  •  
  •  
3 4
  • 19:00
  •  
  •  
5
  • 14:00
  • 19:00
  •  
6
  • 19:00
  •  
  •  
7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 13:00
  • 18:00
  •  
9
  • 13:00
  •  
  •  
10 11 12 13 14 15
◆毎公演加納によるミニアフタートークあり(9日除く)。大序から十一段目までを、日替わりで語っていきます!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6986

トラックバック一覧