コスモル『あくたりあくちゃり』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

コスモル

2005年 マレーばく公演

『あくたりあくちゃり』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

コスモルが次に挑むのは熱血ヤンキーモノ!!

公演データ

公演期間 2005年6月3日(金)〜6月6日(月)
会場 ウエストエンドスタジオ
〒165-0026 東京都中野区新井5-1-1 スタジオライフ1F
PR・解説 不良。ヤンキー。昔は沢山いました。
でも最近の犯罪者って、普段は「いい子」みたいです。社会の抑圧に悩む思春期。「意志」より「対応」を望まれる。人間関係が希薄でグレる事も出来ない、悲しき犯罪者たち。両親を殺す程の苦しみは、この世にはない。「嫌だ」と叫ぶ強さを、不良に学ぼう。
誰の心も不良だ。救われたいなら不良になれ。赤ん坊の意志の強さを見よ!望むのでなく、答える。
そんな大人の見本もあった。そして、今の自分があります。人を愛することは簡単。ただ、一緒に悩めばいい。必ず、伝わる。
いつかの貴方を救ったのは、貴方を決して忘れずにいた家族・友人です。反逆した若者が進むべき道行きをダイナミックに描きます。
『人は一人ではない』と知ってもらう為に。
「人間と人間」 を強く唱い叫ぶ!!!!!
それが、コスモルのパンク精神です。
(『あくたりあくちゃり』=悪たれの悪洒落の意)
ストーリー 幼なじみの二人の子供。
ある人のある一言がキッカケで、二人は違う道を歩き出す。
一人は不良に。
一人は優等生に。
どんどん離れてく二人。
不良は少年院に入る。
優等生が母を刺殺する。
その事件をキッカケに、また二人は同じ道を歩き出す。
悪行三昧の子供と
善行三昧の子供が
大人になる物語。
子供の心を忘れずに大人になれば救われる。
そんなメッセージを
かつての子供、いまの大人に、
いまの子供、いつかの大人に、送ります。
この世に生きる全ての人間へ!
スタッフ 作・演出=ケン※ショクヨー(コスモル)/舞台監督=藤本志穂(うなぎ計画)/照明=田中知之((有)キーノート・プランニング)/音響=井出"PON"三知夫/衣装=太刀川景子/宣伝美術=おおさわゆう/制作=小林真樹(コスモル)
キャスト 石橋和加子(コスモル)/砂糖マキ(コスモル)/加地久美子/町田恵/内海絢(ウェルコメット)/轟もよこ/新海公彦(みじんこ)/門田純/西村壮悟(四畳半ヤング)/橋本恵/安部謙太/稲川香織 ほか
お問い合わせ コスモル
090-9138-9148
cosmol@estyle.ne.jp
コスモルのホームページ

チケット発売日

2005年4月14日(木)

入場料金

前売2,000円/当日2,005円(全席自由・税込)

当日券の5円は募金制。
前売り予約をした方限定!プレゼント!
終演後に好きな役者と写真撮影が出来ます★要予約★
※劇団までお問い合わせ下さい※

チケット発売窓口

コスモル 090-9138-9148
http://www.estyle.ne.jp/cosmol/
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:360-931

公演日程

2005年6月3日(金) 〜 6月6日(月)

上演時間 約1時間30分

2005年6月

      1 2 3
  • 19:32◎
  •  
  •  
4
  • 14:03◎
  • 19:32◎
  •  
5
  • 14:03◎
  • 19:32◎
  •  
6
  • 19:08◎
  •  
  •  
7 8 9 10 11
◎=まだまだあるよ
●=きつくは無いです
○=ちょっとキュウキュウ?
※=立ち見覚悟になるかも・・・

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=714

トラックバック一覧