暫定的表現活動集団『猴(マシラ)』『ファイナルアンサー?』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

暫定的表現活動集団『猴(マシラ)』

ロクソドンタフェスティバル4 参加作品 猴(マシラ)第14回公演

『ファイナルアンサー?』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

猴 第14回公演 ロクソドンタフェスティバル4 参加作品「FINAL ANSWER?」チケット発売開始!

公演データ

公演期間 2006年7月21日(金)〜7月23日(日)
会場 ロクソドンタブラック
〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45
PR・解説 暫定的表現活動集団『猴(マシラ)』―97年、「アンチ・ハッピーエンド」「ニューニヒリズム」を信条に新田“KING of FUCK”臣を中心に結成。

全作品に一貫する「精子〜生死〜静止」をベースにシニカルな笑いと「最早笑いじゃねぇんだよ」的な矛盾と破綻で構成される舞台はスパイシーなのにどこかスイーティー。要はラブリー、そしてデスペア。

…もう後戻りできない社会生活不適合者が舌打ちしながらお送りする
自己防衛の自己表現。極上のfuck'in演劇を猴から貴方へ。劇場でお待ちしています。LOVE。
ストーリー 「なぁ、オマエ何で生きてんの?」

繰り変えされる日々の退屈さに気付くだけの 知識も経験も無かった中学時代。
やる事と言えば くだらない冗談と イタズラ イジメ 恋愛ごっこだった・・・。
「唐突すぎる」その問いかけが 日毎 彼を蝕んで行く。
いつ尽きるとも知れぬ無限ループの後 彼は一つの答えを出した・・・。

「ファイナルアンサー」

日々の惰性間に答えを求めるべく 様々な試みを繰り返す。
中学時代からの同級生 オカムラ(トビー)とマーシー(カルマ)。
いつものように実験と称するくだらない行為の最中 オカムラの携帯に届いたのは
両親を殺し 少年刑務所に送られ 親類の下で保護観察中のはずだった
イッセー(新田)からのメールだった。

「確かにあの時俺はそう答えた・・・だが今は・・・来いよ話してやる・・・」
7年後 イッセーが出した答えとは?そして・・・オカムラの解答は!?
スタッフ 作・演出=新田 臣/照明=滝口 史郎!(彗星マジック)/音響=与党マン/舞台監督=友枝 呪々/宣伝美術=藤原 業/衣装=アトリエ陥没乳首/制作=OFFICE MASIRA ほか
キャスト 玉川 某/トビーホフ・ボルシチーノ/与党マン/藤原 業/和 観音/霧ヶ峰 素養子/オニギリリョー/新田 臣/庄村 果奈(FDF)/古橋樹里(FDF)/塚本百合香(FDF)/メシック トラビス(K’s Dream)/上野 龍翔(K’s Dream)/久保 怜真(K’s Dream)/服部 憲汰(K’s Dream) ほか
お問い合わせ OFFICE MASIRA
06-6536-5288
altama777@yahoo.co.jp
猴オフィシャルサイト『最高に最低』

チケット発売日

2006年6月1日(木)

入場料金

前売り2,000円/当日2,300円(全席自由・税込)

日時指定制

チケット発売窓口

OFFICE MASIRA 06-6536-5288

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年7月21日(金) 〜 7月23日(日)

上演時間 約2時間

2006年7月

◎ 座席十分あり、● 座席残り少ない、※ 座席残りなし

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=715

トラックバック一覧