THE KIO COMPANY『Children's 星の王子さま』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

THE KIO COMPANY

THE KIO Adventure

『Children's 星の王子さま』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

THE KIO ADVENTUREvol.1

公演データ

公演期間 2007年9月1日(土)
会場 阿倍野区民センター 大ホール
〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-118
PR・解説 「人は生きているのではなく、より強く生きなければならない」という言葉に突き動かされるように近年、「生と死」をテーマに人間に対する深い洞察と愛情を持った作品を展開するTHE KIO COMPANY(劇団キオ)は1971年に設立されました。当初は、「戦争によって奪われた子どもたちに、良質の文化を」コンセプトに掲げ、一貫して低年齢の観客にこだわり、オリジナル作品を作り続けました。「子どもの視点を通して大人をも魅了する」その作品は「おもしろくってためになる」を合い言葉に数多くの学校公演実績を持っています。
平成19年度文化庁「本物の舞台芸術体験事業」にも認定されました。
そんなTHE KIO COMPANYが、初めて原作のある作品づくりに取り組みました。
その理由は「星の王子さま」といおう作品の持つ魅力が、まさに「子どもも大人も引きつけられる」作品だからです。
2006年に初演した作品を、改めて台詞を大幅にカットし、肉体的表現の追求と、演劇としてより完成度の高い作品に仕上げます。
ストーリー 王子さまという、イノセント的な存在を出して対象化するというのは勿論もってきた。
ただ、台本では、飛行機乗りは王子さまを自分の中から作り出したもの、幻覚をみているかのようなかたちで出てくる。
原作においては、王子さまの語り口がだいたいメインに描かれて、飛行機乗りというのは語り部的な役割で出てくる。
僕の話の場合は、王子さまメインでいくのではなくて、飛行機乗りメインで書いている。飛行機乗りの飛ぶ、墜落する、砂漠で漂白する。そして最終的には死に至る、極限の状態にまで追い込まれる、という過程をきっちりと描こうとした。(戯作・演出より)
スタッフ 戯作・演出・作曲=中立公平/音楽=林史子/美術プラン=池田ともゆき/照明=伏屋知加/音響=西平愛理/映像操作=井尻有美/衣装=真珠白子・南裕子/小道具=湯殿純・あき/宣伝美術=マルオマサヨ/舞台監督=定平翔 ほか
キャスト 石原夫佐子/中立公平/益荒猛男/岸田たま子/如是我紋/真珠白子/さくらこりん/樋乃環/南裕子/市川富美雄(戟党 市川富美雄)/定平翔
お問い合わせ THE KIO COMPANY
06-6621-1555
actlive@thekiio.co.jp
THE KIO COMPANY

入場料金

前売1,000円/当日1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

THE KIO COMPANY 06-6621-1555

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年9月1日(土)

上演時間 約1時間30分

2007年9月

            1
  • 13:00
  • 17:00
  •  

劇場には冒険が眠っている。そいつを揺り起こしてやる!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7168

トラックバック一覧