長久手町 文化庁 劇団銅鑼『流星ワゴン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

長久手町 文化庁 劇団銅鑼

平成19年度長久手町文化の家提携事業

『流星ワゴン』「死んでもいいかなぁ」そう思った時、不思議なワゴンが僕の前に停まった。

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

話題の長久手公演!アフタートークあり!

公演データ

公演期間 2007年12月12日(水)〜12月13日(木)
会場 長久手町文化の家
〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫字野田農94-1
PR・解説 2005年銅鑼アトリエで初演、その後も再演を重ね話題となっている舞台『流星ワゴン』長久手公演。2002年度本の雑誌が選ぶ年間ベスト10、第一位に選ばれた直木賞作家・重松清の家族小説を、今話題の劇作家・青木豪脚色、長久手町出身の磯村純演出、そしてオーデションで選ばれた俳優陣で上演致します。
ストーリー ホンダにオデッセイというワゴン車がある。38歳の冬・一雄はオデッセイに乗って不思議な旅をした。この物語は、その不思議な旅の顛末です。
38歳の冬。妻・美代子からは離婚を迫られ、息子・広樹は家庭内暴力、ひきこもり、そして自分は突然のリストラ。サイテーの現実に「死んじゃってもいいかなぁ」と思った一雄の前に不思議なワゴン車が停まる。運転手は橋本と名乗る男。一雄はワゴンに乗せられ、過去の時代にタイムスリップする。そこはまだ幸せだと思っていた去年の夏。そこに末期がんで入院中のはずの父・忠雄が、一雄と同じ37歳の姿で現れた!
スタッフ 原作=重松清(講談社刊)/脚色=青木豪/演出=磯村純/装置=阿部一郎/照明=鷲崎淳一郎/効果=中嶋直勝/音楽=平井真美子/舞台監督=稲葉対介/制作=平野真弓 ほか
キャスト 館野元彦/馬渕真希/三田直門/井上太/久保田勝彦/中山陽介/染谷麻衣(劇団昴)
お問い合わせ 長久手町文化の家
0561-61-3411
劇団銅鑼
劇団銅鑼
03-3937-1101
gekidandora@pop12.odn.ne.jp

チケット発売日

2007年9月8日(土)

入場料金

一般3,500円/高校生以下2,000円/文化の家フレンズ3,200円(全席指定・税込)

当日+500円

チケット発売窓口

長久手町文化の家(チケット専用) 0561-61-2888
劇団銅鑼 03-3937-1101

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:378-251
Nピア(アピタ長久手店2F/窓口販売のみ) 0561-63-9200

公演日程

2007年12月12日(水) 〜 12月13日(木)

上演時間 約2時間(休憩なし)

2007年12月

9 10 11 12
  • 19:00
  •  
  •  
13
  • 14:00
  •  
  •  
14 15
開場は開演の30分前
13日(木)終演後アフタートークあり
磯村純(演出家・長久手町出身)×KEN(Pinkフラミンゴ)


平成19年度文化庁「舞台芸術の魅力発見事業」

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7290

トラックバック一覧