シアタードリームズ・カンパニー『300g』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シアタードリームズ・カンパニー

TDC Vol.8

『300g』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年6月15日(水)〜6月20日(月)
会場 ウッディシアター中目黒
〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-43-5 キャトルセゾンB1
PR・解説 多彩なキャストと共に男女に分かれて同じ物語を進めていく、男5人、女5人の2バージョンの芝居となります。
単なるヒューマンドラマではありません。
シアタードリームズ・カンパニー(TDC)の作品ですから、笑いがあり、ロマンティックがあり・・・そして感動でき、心を暖かくしてもらう。

それが『300g』です。

男からの視点・・・
女からの視点・・・
もちろん、互いに違い、これは男女の間において永遠のテーマかもしれません。
でも、それがひとつの視点へ紡がれたとき、素敵な物語へ導かれるのではないでしょうか。
それぞれの視点から紡がれていく・・・・ひとつの愛のカタチ。
男バージョンを観るもよし。女バージョンを観るもよし。でも、きっと片方観れば、両方観たくなる。
ご期待下さい。
ストーリー 舞台はとある寮。万次郎(原金太郎)が経営するクラブの寮だ。そこに5人のホストと5人のホステスが上と下に住んでいる。彼らたちは様々な理由でこの仕事を選んでいた・・・田舎から訳あって上京してきたさくら(古川理科)は遠い昔約束をした男性を今でも密かに想っていた。二度とは逢えなくなった男を。過去を全て消してしまったぐんじ(元木行哉)。しかし、そんな彼も一人の女性を忘れられなかった。そして、互いの男と女の視線からある一つの物語は進んでいく。男と女。やがて、それはひとつの大きな“命の重さ・300g”へと紡がれていくのだった・・・
スタッフ 脚本=元木行哉/演出=麻丘めぐみ(男性バージョン)/演出=保科耕一(女性バージョン)/美術=シダハラタカコ/舞台監督=小菅良隆/照明=市ヶ谷昌典(ビースト)/音響=本村実(サウンドクラフト)/衣裳=篭谷有紀子/制作協力=ヒロ・ファン・ミュージック(佐々木ひろみ/花田ひろみ)/制作協力=ハバネラ(神野和美/松尾由紀) ほか
キャスト 古川理科(さくら)/野添義弘(キャンデー)/江口ヒロミ(りこ)/元木行哉(ぐんじ)/泉花(エリ)/深水元基(ヒカル)/岡田由紀子(メルモ)/板橋康則(ヒロキ)/松田かほり(ヨーコ)/原金太郎(万次郎)
お問い合わせ ヒロ・ファン・ミュージック(佐々木/花田)
03-5952-1407
tdc@hiro-fun.co.jp
iku-net

チケット発売日

2005年4月15日(金)

入場料金

前売3,800円/当日4,300円/男女通し券・前売6,000円/男女通し券・当日6,500円(全席自由・税込)

(全て税込)

チケット発売窓口

ヒロ・ファン・ミュージック 03-5952-1407
シアタードリームズ・カンパニー シアタードリームズ・カンパニー公式ページ iku-net ではwebフォームからのお申し込みのみとなっております。
http://i-net.a.mepage.jp/

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2005年6月15日(水) 〜 6月20日(月)

上演時間 約1時間40分

2005年6月

12 13 14 15
  • 14:30★
  • 19:30☆
  •  
16
  • 14:30☆
  • 19:30★
  •  
17
  • 14:30★
  • 19:30☆
  •  
18
  • 14:00☆
  • 18:00★
  •  
19
  • 14:00★
  • 18:00☆
  •  
20
  • 14:00☆
  • 18:00★
  •  
21 22 23 24 25
★=男性バージョン
☆=女性バージョン

※開場は開演の30分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=730

トラックバック一覧