ミズノオト・シアターカンパニー『洋楽コトハジメ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ミズノオト・シアターカンパニー

『洋楽コトハジメ』第1弾

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年10月13日(土)
会場 門仲天井ホール
〒135-0048 東京都江東区門前仲町1-20-3-8F
PR・解説 明治に洋楽を事(こと)始めて、J-ポップなる洋楽天国に至る現在までの過程の深淵を探る、ひとり楽劇。
西洋からきた音階・ドレミファソラシの7つの音と、日本で親しまれていた5つの音階。
洋楽コトハジメ第1弾は、チェーホフの「煙草の害について」を下敷きに、「邦楽の害について」語る人物が主人公の物語。
開国以後、西洋のものがたりを生きようとしてきた私たちの先達は、どんな幻想を抱いてきたのだろうか。

ミズノオト・シアターカンパニーホームページ http://www.notone.org
洋楽コトハジメプロジェクト出演者募集 http://www.youtube.com/watch?v=3bb1t15nzxM
ストーリー ときは明治。妻に頼まれ、ある地域集会で講話を発表する男。
妻の父親は偉大な教育者。西洋音階の輸入に努める国立音楽学校経営者。
新しい12音階ドレミファソラシドを受け入れがたい市民に広めるために、妻を通じて、この男が講話を強いられた。題して「邦楽の害について」。
しかしこの男、自分が妻の尻にしかれている事も気にくわなければ、慣れ親しんだ邦楽が害になるなどとも思っていない。
自然と妻に頼まれた講話は脱線に脱線を重ね、次第に洋楽の害について、妻の害について、また自分自身の人生の行き詰まりについて語り始める。

洋楽よりも、より西洋的体系の音楽を目指す日本人。
西洋人よりも、より西洋人になろうとする日本人。
開国以後、他人のものがたりを生きようとする幻想を抱いてきた私たち観客へ。
スタッフ 構成・演出=平松れい子/美術=青木祐輔/音響=杉澤守男
キャスト 熊谷知彦
お問い合わせ ミズノオト・シアターカンパニー
090-4205-5721
info@notone.org
ミズノオト・シアターカンパニー

入場料金

前売り1,500円/当日2,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

ミズノオト・シアターカンパニー 090-4205-5721
http://www.notone.org
チケット申込み(前売り予約) info@notone.org
お名前・枚数・時間・電話番号をメールでお知らせ下さい。

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年10月13日(土)

2007年10月

7 8 9 10 11 12 13
  • 16:00
  • 19:00
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7343

トラックバック一覧