G.O.D.system 神様プロデュース『月とテロル』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

G.O.D.system 神様プロデュース

『月とテロル』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年9月27日(木)〜10月1日(月)
会場 王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4
PR・解説 G.O.D.system 神様プロデュース
2007年 公演第二段!

都内を中心に活動している素敵な劇団の
素晴らしいキャストを多数客演に迎え、
総勢20名を超える豪華な公演です。
ストーリー 「人間は所詮、記号でしかない」
日本の現代文学は「私小説」をその起源としています。
自分の身の回りを自分の目を通して物語とする(=虚構化する)ところから、現代文学は始まっていま す。
だから今の日本ではどんな物語も「私小説」的な面を持ち合わせてしまう、のです。
作品と自分(主観)の間に一線を引くことがとても難しいのです。

この物語の登場人物は、タロットカードの大アルカナ22枚を象徴する22名です。
主人公は「小早川春人(こばやかわはると)」という、売れていない作家(=アルカナ「18.月」)です。
彼は、彼の目を通して見た、自分の周囲を物語にしようと試みます。
そして、その作品の評価に一喜一憂します。
やがて、絶望の果てにとあるテロ事件を起こします。
それは抑圧された自らの思想を主張するための最終的な強硬手段でした。
彼は自分の作品が、自分の力によって生み出されていると勘違いしているのです。
本当は自分の力では何一つ出来やしないのに。
一人でなんか一瞬たりとも生きられやないのに。
その姿は、自ら輝くことの出来ない、けれども夜空に燦然と君臨する「月」に似ています。
スタッフ text&direction=森達也/演出助手=増山千花/舞台監督=小野哲史・渡辺陽一/音響=井上直裕(atSound)/照明=工藤雅弘(Fantasista?ish.)/美術=袴田長武(ハカマ団)/衣裳=DOCTOR メイク/制作=村上朋広(電動夏子安置システム)/制作=吉野礼(少年社中)/企画/製作=G.O.D.system
キャスト 野口雄介/鈴木華菜/神野剛志/小松君和/高橋沙織/酒巻誉洋(elePHANTMoon)/中島真一(中島部屋)/太田守信(ギリギリエリンギ)/二階堂裕美(元氣塾)/小泉豊(プロ・フィット)/山内翔(箱庭円舞曲)/吉長賢治(Peek-a-Boo)/加藤敦(ホチキス)/村上直子(ホチキス)/小玉久仁子(ホチキス)/江本和広(ホチキス)/須貝英/片桐はづき/宮沢留衣/コバ・ジュン ほか
お問い合わせ G.O.D.system 神様プロデュース
kamisama_produce@hotmail.com
G.O.D.system 神様プロデュース

チケット発売日

2007年8月1日(水)

入場料金

前売2,700円/当日2,950円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

G.O.D.system 神様プロデュース お名前(カナ)、ご希望観劇日時、ご希望枚数、ご連絡先(メールアドレス)をお伝えください。
こちらからの確認メールをさせていただいた時点で予約完了とさせていただきます。

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999

公演日程

2007年9月27日(木) 〜 10月1日(月)

2007年9月

23 24 25 26 27
  • 19:30
  •  
  •  
28
  • 15:00
  • 19:30
  •  
29
  • 15:00
  • 19:30
  •  
30
  • 15:00
  • 19:30
  •  
           

2007年10月

  1
  • 18:00
  •  
  •  
2 3 4 5 6

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7389

トラックバック一覧