(財)現代人形劇センター『ヤクシャガーナ・ゴンベヤータ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

(財)現代人形劇センター

シリーズアジアの人形芝居part13

『ヤクシャガーナ・ゴンベヤータ』南インドの糸あやつり

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年11月23日(金・祝)
会場 アサヒアートスクエア
〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
PR・解説  南インド西部のカルナータカ州に伝わる糸あやつり人形芝居です。「ヤクシャガーナ」は同州の有名な舞踊劇の名称、そして「ゴンベヤータ」は人形芝居を意味しています。その名のとおり舞踊劇ヤクシャガーナの人形劇版として、古くから愛されてきました。
 舞踊劇は仮面とみまがう極彩色の化粧と、躍動的な身振りで神々の物語を演じるパワフルな芸能です。人形芝居ではその化粧や衣装、ステップ、歌や音楽などをそっくりうつしながらも、人間にはまねのできない軽快さやユーモアを漂わせ、人形ならではのあそび心たっぷりな展開が魅力のひとつです。音楽も、語りと歌、そして強烈なパーカッションを中心とする迫力の声や音がききどころ。インド人におなじみの神々の活躍をどうぞ身近にお楽しみください。
ストーリー  この糸あやつり人形芝居は、古くから演じられてきましたが、19世紀半ばに特に盛んとなりました。演技者の養成学校も設立されて最盛期には100人を擁して優秀な人材を輩出しますが、20世紀に入ると衰退の一途をたどりました。その復興に尽くしたのが、今回来日する劇団です。先々代の座長は復興の祖として国家賞を受賞。その志は家族に受け継がれ、現座長バスカール・カマースはその孫にあたります。42才の彼は意欲にあふれ、伝統を受け継ぎながら、人形の構造や演出に工夫を加え、ワークショップなどの普及活動を行い、チャレンジを続けてきました。また、フランス、オランダ、ベルギーなどヨーロッパを中心に数多くの海外公演で好評を博しています。
キャスト マハバレシュワラ(演奏)/シャンカラナラヤナ(歌)/バスカール(出演) ほか
お問い合わせ (財)現代人形劇センター
044-777-2228
asia@puppet.or.jp
ヤクシャガーナ・ゴンベヤータ

チケット発売日

2007年8月20日(月)

入場料金

一般3,500円/学生3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

財団法人現代人形劇センター 044-777-2228
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:378-690

公演日程

2007年11月23日(金・祝)

上演時間 約1時間30分

2007年11月

18 19 20 21 22 23
  • 14:00
  • 18:30
  •  
24
開場は、開演の各30分前です

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7588

トラックバック一覧