劇団室生春カンパニー北門館『アンナ・カレーニナ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団室生春カンパニー北門館

『アンナ・カレーニナ』〜遥かなる愛のフーガ〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年12月16日(日)
会場 セシオン杉並
〒166-0011 東京都杉並区梅里1-22−32
PR・解説 2〜3年に一度はこの手のものを創りたくなるのです。
歌と踊り、笑いと汗と涙で充満した息の詰まりそうなドタバタ小劇場公演は、その反動で、私を無性に大劇場舞台へと駆り立てるのです。
『アンデルセン』のときも、『シラノ』のときもそうだったように。25年間まさにその繰り返しだったわけです。
そして今回の『アンナ・カレーニナ』。純粋な小説の舞台化は『ジャン・ヴァルジャン』『二都物語』に次いで3作目。
ついにトルストイの広大で崇高で清浄なる森を彷徨うに至りました。
春公演では、トルストイ少年が秋葉原の街でアサリ屋の少女ロカと戯れる『レフ』を上演しました。
夏にはトルストイの民話『エメリアンとから太鼓』を、歌と踊りを織り交ぜて親子劇場を敢行しました。
正に聖域に生きる、魅惑なる「アンナ」に立ち向かうために。
この『遥かなる愛のフーガ』が、原作の圧倒的な迫力にどこまで拮抗できるのか、今から楽しみでなりません。
劇団25周年記念公演は、1回きりの大勝負。室生春カンパニーが総力をあげて、生演奏のオーケストラとともに、トルストイの森を歌い、踊り、生き抜く『アンナ・カレーニナ 〜遥かなる愛のフーガ〜』どうぞ、お楽しみに。
スタッフ 舞台監督=東幸四郎/照明・音響=フラットステージ/舞台美術=山下昇平/宣伝美術=モリタノブヒコ/宣伝美術=武井映意子/指揮=三浦秀秋/生演奏=風の森オーケストラ
キャスト 暁堂起元太/中込博樹/武田一成/田村好美/村井純子/寺門節子/須川朝美/高橋奈緒美/志村綾美/佐藤萌/門松浩子/木村香織/志田紗斗美/江口浩樹/樟山憲一/石野公亮(準劇団員)/*室生春 ほか
お問い合わせ 劇団 室生春カンパニー北門館
03-3389-2645
murousyuncompany@yahoo.co.jp
劇団室生春カンパニー北門館オフィシャルWEBサイト

入場料金

前売り3,000円/当日3,500円/こども1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団 室生春カンパニー北門館 03-3389-2645

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年12月16日(日)

2007年12月

16
  • 18:00
  •  
  •  
17 18 19 20 21 22

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7671

トラックバック一覧