新転位・21『僕と僕』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

新転位・21

『僕と僕』神戸児童連続殺傷事件

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年11月28日(水)〜12月3日(月)
会場 中野光座
東京都中野区中央4-61-2F
PR・解説 もし生まれ変われるのなら、ぼくはカメになりたい。
そうすれば、ほかの動物に
危害を加えられることがあっても、
自分が危害を加えることはできないから。
つらい思いをせずに暮らしていけるから……。
シリーズ新<家族>2 待望の新作書き下ろし。
ストーリー 少年Aは母親に連れられて児童相談所を訪れる。不登校に陥ったからである。相談員は「勉強で息切れしたのだろう、このまましばらく学校を休ませたらどうか」と母親にアドバイスする。だが少年Aの心は、母親にイノセンスの解体を禁止されているため、すでに壊れていた。その数ヶ月前、近くの女子児童数人をハンマーやナイフで殺傷していたのだ。帰宅した少年Aは、母親にそのことをさりげなく打ち明けるが、母親は一笑にふして取り合わない。少年Aは「聖なる地」であるタンク山に向かい、母親や学校に圧殺されたもうひとりの自分に会う。「透明な存在」と化した、そのもうひとりの少年Aは「ジュンを殺せ。あいつはおまえだ」と少年Aを唆す。少年Aは近所の顔見知りの少年ジュン君をタンク山に誘い、殺害し、切断した頭部を学校の正門の前に置く。そして帰宅すると犯行声明文をしたため投函する……。少年A(僕)と、もうひとりの少年A(僕)の対話を軸に、少年の暴力の背景と意味を探っていく。
スタッフ 作・演出=山崎哲/舞台美術=濃野壮一/光デザイン=海藤春樹(海藤オフィス)/音楽=半田充 (M・M・S)/衣装=蟹江杏/宣伝美術=菅由貴子/制作=伊藤悦子
キャスト 村山好文/杉祐三/おかのみか/大畑早苗/小畑明/岩川藍/神戸誠治/岩崎智紀/永岡沙江/神谷由紀子/ヒザイミズキ/日下義浩/吉田男爵/荒川智大/松井亜紗美/澤頭直美/笹本賀子/粟野南 ほか
お問い合わせ 新転位・21
03-3910-1660
n-tenyi21@ceres.ocn.ne.jp
山崎哲&新転位・21公式HP

入場料金

前売2,800円/高校生2,500円/当日3,000円(全席自由・税込)

日時指定・全席自由

チケット発売窓口

新転位・21 03-3910-1660

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:380-060
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2007年11月28日(水) 〜 12月3日(月)

2007年11月

25 26 27 28
  • 19:00
  •  
  •  
29
  • 19:00
  •  
  •  
30
  • 19:00
  •  
  •  
 

2007年12月

            1
  • 14:00
  • 19:00
  •  
2
  • 14:00
  • 18:00
  •  
3
  • 19:00
  •  
  •  
4 5 6 7 8

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7676

トラックバック一覧