レパートリーシアターKAZE『ハムレット』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

レパートリーシアターKAZE

『ハムレット』−To be or not to be

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年12月23日(日・祝)〜12月24日(月・祝)
会場 レパートリーシアターKAZE
〒164-0003 東京都中野区東中野1-2-4
PR・解説 2004年にウジェーヌ・イヨネスコ劇場との共同製作/ペトル・ブトカレウ演出で生まれた『ハムレット』。“いまを生きる若者たちへのメッセージ”を送り展開した今秋のツアーを終えて、拠点劇場レパートリーシアターKAZEで凱旋公演!
ストーリー 偉大な国王であった父の突然の死、その喪も開けぬ間の母と叔父との結婚、それを受け入れる社会。
父の死は叔父による暗殺だと知ったハムレットは、大人たちの争いや裏切り、権力への迎合を目の当たりにし、復讐を決意し、狂気を装う。
孤独の淵に立つハムレットは自分自身に、そして社会に対して問いかける。
「To be or not to be(このままでいいのか、いけないのか)」。
このハムレットの問いは、現代に生きる若者たちの、自分の前途への疑問、あるいは経済優先主義の大人たちが起こす過ちや不正義に取り巻かれた社会への批判として浮かび上がってくる。
行くべき道を誤ったハムレット……。
KAZEの『ハムレット』は、いまを生きる我々と若者たちへの問題提起であり、“生への希望”を願うメッセージである。
スタッフ 企画・製作=レパートリーシアターKAZE/芸術監督=浅野佳成/原作=ウィリアム・シェイクスピア/訳=小田島雄志/演出=ペトル・ヴトカレウ/音楽=マリアン・スタルチェア/舞台美術・衣裳=ステラ・ヴェレブチュアヌ/照明=塚本悟/製作=佐藤春江
キャスト 緒方一則/柳瀬太一/柴崎美納/酒井宗親/佐野準/稲葉礼恵/白根有子/田中悟/田中賢一/佐藤勇太/白石圭司/清水菜穂子
お問い合わせ KAZE
03-3363-3261
info@kaze-net.org
KAZE

チケット発売日

2007年11月7日(水)

入場料金

当日4,000円/前売3,800円/学生3,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

レパートリーシアターKAZE 03-3363-3261

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:381-185

公演日程

2007年12月23日(日・祝) 〜 12月24日(月・祝)

上演時間 約2時間

2007年12月

23
  • 14:00
  • 19:00
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25 26 27 28 29

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7840

トラックバック一覧