演劇企画集団 THE・ガジラ『新・雨月物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇企画集団 THE・ガジラ

演劇企画集団THE・ガジラ20周年記念公演第3弾

『新・雨月物語』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年1月25日(金)〜2月3日(日)
会場 世田谷パブリックシアター
〒154-0012 東京都世田谷区太子堂4-1-1
PR・解説 創立20周年を迎えたTHE・ガジラの20周年記念公演第3弾は、『新・雨月物語』。
1953年ベネチア国際映画祭 銀獅子賞を受賞した映画『雨月物語』(監督:溝口健二/脚本:川口松太郎)を、鐘下辰男が新たな構想を盛り込みながら書き下ろす。
出演は、小劇場を代表する役者である若松武史、北村有起哉や、元宝塚のトップスター月影瞳。また、注目若手ユニット*pnish*の森山栄治が初参加。
鬼才・鐘下辰男と凌ぎを削り合うのにふさわしい俳優が揃った。
ストーリー 天正15年(1587年)の冬、大和吉野山中にも太閤検地の棹が入り始めた。
陶工・熊野源十郎は山中に妻・宮木、妹夫婦と住んでいる。彼らの生活は、陰惨なまでの飢えと闘う日々だった。野心家の義理の弟・藤兵衛は里におりて自分は侍に、源十郎は器を売って稼ごうと無謀な提案をする。そうして、病弱な宮木ひとりを残し3人は里を目指し、大蛇山に足を踏み入れるのだった。しかしその晩、大雪になり行者堂に身を寄せていると、冬なのに耳をつんざくような蝉時雨が聞こえてくる。
その後彼らを待ち受けている運命とは・・・。
スタッフ 原作=川口松太郎/脚本・構成・演出=鐘下辰男
キャスト 山本亨・月影瞳・北村有起哉 ・森山栄治(*pnish*)・若松武史/石村みか・ さとうこうじ ・近童弐吉・大石継太・白井圭太・加地竜也・いわいのふ健 ほか

チケット発売日

2007年11月29日(木)

入場料金

S席5,500円/A席4,000円/シードチケット(学生割引)3,000円(税込)

※S席・A席共に当日券は500円増し
※シードチケットは、大学生以下・専門学校・演劇養成所の学生に有効
 当日受付にて学生証提示(2階サイド席もしくは3階席に限る)
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

チケット発売窓口

オフィスコットーネ 03-3411-4081
(受付時間:平日11:00〜18:00)

チケット販売サイトへ

劇場チケットセンター 03-5432-1515

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:381-410
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:39859
e+(イープラス)
eplus.jp
※プレオーダーは、11/18(日)〜22(木)まで

公演日程

2008年1月25日(金) 〜 2月3日(日)

2008年1月

20 21 22 23 24 25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 14:00
  •  
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28
  • 19:00
  •  
  •  
29
  • 19:00★
  •  
  •  
30
  • 14:00
  •  
  •  
31
  • 19:00
  •  
  •  
   

2008年2月

          1
  • 19:00
  •  
  •  
2
  • 14:00
  •  
  •  
3
  • 14:00
  •  
  •  
4 5 6 7 8 9
★終演後、演出家とゲストによるトークセッション有り

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7844

トラックバック一覧