『melos』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

祥子-SHOKO LIVE perform

『melos』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年11月30日(金)〜12月1日(土)
会場 吉祥寺シアター
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-22
PR・解説 ― 祥子-SHOKO 3年ぶり 待望の新作 ―

【アフタートーク決定!】
12月1日[土] 19:00 上演終了後
ゲスト 班 忠義 Ban Zhongyi 監督
(ドキュメンタリー映画『チョンおばさんのクニ』『ガイサンシーとその姉妹たち』監督)
※本公演チケットの半券でご入場いただけます。
ストーリー 繰り返されつづける人間の愚行 ジェノサイド

……アウシュビッツ 南京 広島 長崎 パレスチナ サラエボ
ルワンダ チェチェン アフガニスタン イラク……

大地には 無数の悲しみの骨がぬりこめられている
大地には 忘却に抵抗する声が響きつづけている
大地には 悲劇の記憶が 今このときもすりこまれてゆく

ひとはね 死ぬと とても小さくなるんだね 赤ちゃんみたいに小さく
ひとはね 骨になると もっと小さくなるんだね

極限的な身体的振動=痙攣、叫び、トランスの連鎖により、根源的な生命の記憶を生成させる特異なLive Performを展開してきた祥子-SHOKOが、声と身体により新たな音楽的世界を構築し、現在の「悲劇」に挑みます。

子守唄はきこえてくる ジェノサイドのときも
ただ 生まれでた命のリズムを 慈しむ
スタッフ 企画・出演=祥子-SHOKO/設計=二瓶龍彦/映像=並木浩士/衣装=TENKO/舞台監督=田中克季/フライヤーデザイン=オータ・ナオ/フライヤー写真=二瓶龍彦/パンフレット制作=猫柳けいた/制作=PHILIA project
お問い合わせ Philia project
090-8114-7652
s-kyuoon@za2.so-net.ne.jp
祥子-SHOKO公式サイト
Philia project

入場料金

前売2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

Philia project 090-8114-7652

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年11月30日(金) 〜 12月1日(土)

2007年11月

25 26 27 28 29 30
  • 19:30
  •  
  •  
 

2007年12月

            1
  • 15:00
  • 19:00☆
  •  
☆:上演終了後アフタートークあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7913

トラックバック一覧