ヒカリノオト『落雷物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ヒカリノオト

ヒカリノオト presents

『落雷物語』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年11月2日(金)〜11月4日(日)
会場 リノベーションミュージアム冷泉荘
〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町9-35
PR・解説 発足して僅か一年で 4 本の新作を発表、更に全国各地の人気劇団が福岡に集結する「キビるフェス 2019」へ地元代表として参加が決定している 《ヒカリノオト》 。そのヒカリノオトが今年 11 月、第五弾となる新作公演を福岡市博多区にて上演する。
ヒカリノオトは福岡を拠点に親しみやすい方言を使用しての会話劇、日常風景の繊細な心の機微を表現することで幅広い客層から共感を得ている。

最新作となる今作は、同窓会で久しぶりに再会した男女 4 人が、当時作った秘密基地へやってくることから始まります。それぞれがさまざまな問題を抱えながらも、それを表には出さずに社会に馴染んで生きています。
そんな中で参加した同窓会で、徐々に当時の記憶や忘れてしまっていた思いが露わになっていきます。
流されるままに大人になり、いつか友達だった人との距離があの頃と変わってしまうこと。そんなことを受け止めながら大人になった、いつかの子供たちの物語になっています。
ストーリー 小学校の同窓会。26歳の私たち。
帰り道、みんなであの頃の〈秘密基地〉へ向かった。
人里離れた森の中、誰かが「ここに埋めたタイムカプセルを探そう」と言い出した。

雨が降り出した。そこに住み着いた男の人と出逢った。

いつか友達だった人は、まるで昨日も友達だったみたいに私に話し掛けている。

あの頃、ここに埋めた私たちの秘密。
おぼろげで曖昧な記憶はやがて霧がかった残像のようになって、その思い出が現実か空想か分からなくなる。

「いつかの私たち」と「今の私たち」。

それは一瞬光ってすぐに消える、あの落雷のような。
余韻を迫るように音だけが残って。
勢いを増した雨はあの頃からずっと、何かを訴え続けている。

ヒカリノオト第五弾となる最新作。
ここには、あの頃のあなたが、きっといる。
スタッフ 音響 菊地 純哉(ラブエフエム国際放送)
照明 桑野 友里
舞台美術 中島 信和(兄弟船)
記録撮影 友山 敬太
制作協力 清水 さなえ(劇団HAっHAー‼)
お問い合わせ ヒカリノオト 制作部
hikarinote_info@yahoo.co.jp

チケット発売日

2018年9月1日(土)

入場料金

一般前売・予約2,000円(全席自由・税込)

当日券は500円増

チケット発売窓口

ヒカリノオト 制作部 hikarinote_info@yahoo.co.jp
メールでチケットをご予約の際は件名を【チケット予約】とし、本文に「お名前」、「日時」、「枚数」、「連絡先」をお知らせください。確認後、スタッフよりご予約完了メールをお送り致します。
コリッチ こちらのURLより必要事項をご入力ください。

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より整理券を配布。
開演30分前よりご案内開始いたします。

公演日程

2018年11月2日(金) 〜 11月4日(日)

上演時間 1時間20分

2018年11月

        1 2
  • 19:30
  •  
  •  
3
  • 12:00
  • 16:00
  • 19:30
4
  • 12:00
  • 16:00
  •  
5 6 7 8 9 10

情報登録:ヒカリノオト

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=7944

トラックバック一覧