レパートリーシアターKAZE『ピカソの女たち〜オルガ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

レパートリーシアターKAZE

Tokyo Acting Troupe KAZE The 20th anniversary

『ピカソの女たち〜オルガ』第2回ガラ・スター国際演劇祭 最優秀大賞受賞

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年1月24日(木)〜1月29日(火)
会場 レパートリーシアターKAZE
〒164-0003 東京都中野区東中野1-2-4
PR・解説 ブライアン・マキャベラ作『ピカソの女たち』(Picasso's Women)は、ピカソと関係を結んだ8人の女性が自身を語る8つのモノローグとして書かれています。
辻由美子演じるKAZEの『ピカソの女たち〜オルガ』の初演は2005年、ビエンナーレKAZE演劇祭にてウジェーヌ・イヨネスコ劇場との協働により、アラ・メンシコフ演じる『ピカソの女たち〜ジャクリーヌ』(演出:ヴィタリエ・ドゥルチェク)との2本立で上演しました。2006年には、ウジェーヌ・イヨネスコ劇場(モルドバ)主催「BITEIフェスティバル」に招待参加。同年、人形劇場オグニヴォ(ロシア)主催「第2回国際人形劇祭〈ムイチシでのお茶の会〉」に招待参加。
そして2007年、バコビア市民劇場(ルーマニア・バカウ市)主催「第2回ガラ・スター国際演劇祭」に招待参加し、最優秀大賞を受賞しました。
ストーリー 天才画家ピカソの最初の正妻となったバレリーナ、オルガ・コクロヴァ。
気品と美貌に恵まれた彼女は、ピカソと恋に落ち結婚。長男パオロを出産。
オルガは死後の世界から、ピカソへの愛憎に翻弄された日々を回顧する。
狂気と正気を往き来するモノローグから浮かび上がる巨匠ピカソの姿。
ひたむきな愛に生きたオルガ・コクロヴァの鬼気迫る情念を描く。
スタッフ 作=ブライアン・マキャベラ/演出=ペトル・ヴトカレウ/訳=志賀重仁/美術・衣裳=タチアナ・ポペスク/音響=アウレル・ポストロンカ/照明=ヴィクトル・ウルス
キャスト 辻由美子
お問い合わせ レパートリーシアターKAZE
03-3363-3261
info@kaze-net.org
レパートリーシアターKAZE

入場料金

当日4,000円/前売3,800円/学生3,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

レパートリーシアターKAZE 03-3363-3261

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:382-063

公演日程

2008年1月24日(木) 〜 1月29日(火)

上演時間 1時間20分

2008年1月

20 21 22 23 24
  • 19:00
  •  
  •  
25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 14:00
  •  
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28
  • 19:00
  •  
  •  
29
  • 19:00
  •  
  •  
30 31    

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8082

トラックバック一覧