オペラシアターこんにゃく座『夏の夜の夢』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

オペラシアターこんにゃく座

あちゃらかオペラ

『夏の夜の夢』〜嗚呼!大正浪漫編〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年2月8日(金)〜2月10日(日)
会場 世田谷パブリックシアター
〒154-0012 東京都世田谷区太子堂4-1-1
PR・解説 こんにゃく座が、シェイクスピア・オペラ第6弾として皆様をお連れするのは、浪漫の花咲く大正時代です。大衆文化が沸き起こったこの時代に、恋に自由にと世を謳歌する人々が巻きこまれた珍騒動を、シェイクスピアの喜劇「夏の夜の夢」になぞらえ、とびきりに楽しく、そしてどこか懐かしいオペラに仕立ててお届けします。
ストーリー 時は大正、大衆文化の花咲き誇る世を人々が謳歌した時代。ここ軽井沢にある大久保公爵の別荘でも、公爵と川上弥生嬢との婚礼を間近に控え、慌ただしくも幸せな雰囲気に満ちていた。
 ところが、婚礼に列席するため訪れていた紳士、桂木孝之は一人、娘の千尋のことで悩んでいた。千尋には孝之が決めた婚約者、三郎がいるにもかかわらず、浩三という若者と恋に落ち、挙げ句の果てに結婚するとまで言いだす始末。
 千尋は父への取りなしを願うものの果たせず、ついに思いあまって浩三との駆け落ちを決意してしまう。それを知った千尋の従姉妹の五月は、恋心を寄せている三郎に打ち明けてしまう。千尋を奪われてはならじと二人を追う三郎。そして三郎恋しさに、あとに続く五月…
 いつしか四人は太古の昔より精霊が棲むと伝わる三笠の森に迷い込む。そこには夏至の祭りを祝うため、コダマと呼ばれる精霊がどこからともなく集まってきていた。ところが、運悪くコダマの王であるヤマトと、女王・カスガは夫婦喧嘩の真っ最中。四人の若者と、たまたま森で公爵と弥生の婚礼を祝うために芝居の稽古をしていた職人たちまでもが、とんだとばっちり、大騒動に巻き込まれていく…
スタッフ 原作=W・シェイクスピア/台本=山元清多/作曲・音楽監督=萩京子/演出=山元清多/演出=立山ひろみ/美術=荒田良/衣裳=半田悦子/照明=齋藤茂男/振付=范旅/舞台監督=大谷地力
キャスト 川鍋節雄/大石哲史/梅村博美/相原智枝/岡原真弓/井村タカオ/酒井聡澄/佐藤敏之/富山直人/花島春枝/高野うるお/佐藤久司/鈴木裕加/彦坂仁美/田中さとみ/太田まり/島田大翼/高倉麗/西田玲子/萩千尋
お問い合わせ オペラシアターこんにゃく座
044-930-1720
info@konnyakuza.com
オペラシアターこんにゃく座

チケット発売日

2007年12月15日(土)

入場料金

A席(1・2F)6,000円/A席ペアシート(1・2F)11,000円/こんにゃくシート(3F)4,500円/学生割引(3F)2,000円(全席指定・税込)

A席ペアシートは2席の料金です。
その他、劇場友の会・世田谷区民割引(ともに劇場チケットセンターで取り扱い)あり。

チケット発売窓口

オペラシアターこんにゃく座 044-930-1720

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:381-131
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年2月8日(金) 〜 2月10日(日)

2008年2月

3 4 5 6 7 8
  • 18:30
  •  
  •  
9
  • 13:00
  • 18:00
  •  
10
  • 11:00
  • 16:00
  •  
11 12 13 14 15 16

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8145

トラックバック一覧