文化庁 新進芸術家育成公演等事業『お気に召すまま』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

文化庁 新進芸術家育成公演等事業

『お気に召すまま』文化庁芸術家在外研修(新進芸術家海外留学制度)の成果

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年1月24日(木)〜1月27日(日)
会場 新国立劇場 小劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町 1-1-1
PR・解説 権力は「力」―
人を疑い、恫喝し、暴力によって退ける。
力、力、力―ほかに力のあるやつはいらない!
そんな「力」によって支配された
宮廷から追放された人々がたどり着いたのは
アーデンの森。
そこは「力」はいらない別天地。
心の赴くままにふるまえる自由の王国だった。
ストーリー フレデリックは兄である公爵を追放してその地位を奪ったが、兄の娘ロザリンドは手元に置き、自分の娘シーリアと共に育てていた。公爵主催のレスリング大会で優勝したオーランドーはロザリンドに出会い、2人は互いに一目惚れする。公爵から突然の追放を言い渡されたロザリンドは、男装してシーリアと道化を連れ、追放された父が暮らしているというアーデンの森へ向かう。オーランドーもまた、自らの運命を切り開くために兄の元を離れ、行き着いたアーデンの森で前公爵に助けられる。
男装したロザリンドは森に暮らす羊飼いたちの恋愛騒動に巻き込まれ、オーランドーは男装したロザリンドの正体に気づかずに、彼(彼女)に恋の告白の稽古相手になってもらう。
森で危ないところをオーランドーに救われた兄オリヴァーは改心し、土地の娘に身をやつしたシーリアと結婚して羊飼いとして暮らすことを決意する。兄を討つため森に入ったフレデリック公爵もまた改心し、奪った地位と領地をすべて返上する。ロザリンドは女の姿に戻り、結婚の神からの祝福を受け、何組もの恋人たちの結婚式が行われる。
スタッフ 作=ウイリアム・シェイクスピア/翻訳・演出=伊藤大
キャスト 有川博(演劇集団円・平成12年度派遣)/歌川椎子(自転車キンクリート)/奥村洋治(一跡ニ跳)/長田典之/五味多恵子(青年座)/沢田冬樹(文学座)/重田千穂子/関谷美香子(一跡ニ跳)/福寿奈央/藤原啓児(Studio Life)/松熊つる松(青年座)/宮島健/山上優(平成15年度派遣)/山崎康一(Studio Life)/山崎秀樹(青年座)/吉田ひとみ
お問い合わせ 劇団一跡ニ跳
03-3316-2824
劇団一跡二跳
社団法人 日本劇団協議会
03-3341-8151

入場料金

4,500円/学生2,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

一跡ニ跳 03-3316-2824
ticket@sseki.com

チケット販売サイトへ

日本劇団協議会 03-3341-8151
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:381-447
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:32314
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年1月24日(木) 〜 1月27日(日)

2008年1月

20 21 22 23 24
  •  
  •  
  • 18:30
25
  •  
  •  
  • 18:30
26
  •  
  • 13:30
  • 18:30
27
  •  
  • 13:30
  •  
28 29 30 31    

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8172

トラックバック一覧