company izuru『ASAGAO』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

company izuru

『ASAGAO』-現代音楽×能楽=現代楽劇-

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年2月2日(土)〜2月3日(日)
会場 BankART 1929 yokohama 1929ホール
〒231-8315 神奈川県横浜市中区本町6-50-1
PR・解説  company izuru シアタープロジェクト
 能オペラ”ASAGAO” 
 - 能楽×現代音楽=現代楽劇 -

 能楽と現代音楽の融合をはかり、ニューヨーク、ロンドンと
 海外で高い評価を獲得してきた舞台芸術団体company izuru
 による能オペラが日本で初めて公開されます。

 会場は東西文化が出会った文化開港の港町、横浜のBankART
 1929ホール。演出家結城歓による脚本/演出と、作曲家渡辺裕紀子
(2007年度武生作曲賞入選)の幻想的な音楽により生み出される
 スタイリッシュな空間で、能役者青木涼子と坂真太郎の舞は観衆を
 幽玄の世界へと誘います。開港からの歴史を振り返る150周年の
 記念の節目に、能オペラは日本の伝統と西洋文化の今日的融合を
 試みます。公演は横浜開港150周年協会の後援を受け、東西の
 出会いの歴史が美しく残る横浜の地で古典と現代をつなぐ舞台
 として実現します。
ストーリー  原典は中世の絵巻物『長谷雄草紙』より。
 霧雨も青がかる朝ぼらけ、学九流に渡る文書博士、
 中納言紀長谷雄(きのはせお)の邸に、美しい女が
 訪れる。突然の来訪の目的は、当時は博打の一種で
 あった双六での勝負だった。
 貴族の誇りにかけて、この血湧き肉躍る誘いにのらない
 手はない、とふたつ返事で快諾し、洛中の町並みをぬけ
 ながら女の後をついていくと、そこは朱雀門だった。
 楼上、半・丁ととりかえて、いざ勝負…。長谷雄は負け
 れば、全財産を女に捧げると、また、女は負ければ、
 自らの貞操を長谷雄に捧げると約束を交わす…。
 絶世の美女を前に、手の強ばりにも気づくことなく、
 指しに指したり、長谷雄の運命は?そして
 女の正体とは…?
スタッフ 演出/脚本=結城歓/美術=青木茂/作曲=渡辺裕紀子/システムデザイン=日台健一/舞台監督=寅川英司/舞台インスタレーション=森みわ/照明=阪口美和/衣装=和泉栞/メイク=津田雅世/宣材レタッチ=江場左知子 ほか
キャスト 青木涼子/坂真太郎/荒蒔摩耶/新井田さゆり/伊藤恵/梅園絵美子/田中彰子/土屋尚子/袴塚真実/佐原哲郎/西森寛/小松崎恭子(フルート)/橋本晋哉(テューバ)/田中やよい(ピアノ)/若松美緒(ヴィオラ)/窪田翔(打楽器) ほか
お問い合わせ company izuru 事務局
050-5532-5745
info@izuru-japan.net
company izuru web

入場料金

4,000円(全席自由・税込)

当日:4500円

チケット発売窓口

company izuru 050-5532-5745

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年2月2日(土) 〜 2月3日(日)

2008年2月

          1 2
  • 19:30
  •  
  •  
3
  • 13:00A
  • 17:30B
  •  
4 5 6 7 8 9

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8195

トラックバック一覧