創像工房 in front of.『エイトビートニート』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

創像工房 in front of.

大阪→東京ツアー公演

『エイトビートニート』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年3月6日(木)〜3月10日(月)
会場 慶應義塾大学日吉キャンパス 塾生会館地下アトリエ合C
〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 慶應義塾大学日吉キャンパス内 塾生会館窓口
PR・解説 創像工房 in front of. は、演劇・映画・お笑いなど、多岐にわたるエンターテインメントを創作する慶應義塾大学の公認団体です。
2007年夏、第1回シアターグリーン学生芸術祭に参加し、8大学の中から創像工房in front of.(作・演出/松居大悟「ロックンロール逃げる」)が関東選抜として選ばれ、2008年2月OSAKA夕陽丘学士演劇祭への参加が決定しました。大阪公演終了後、3月に東京凱旋公演を行います。
学生劇団としては異例の大阪・東京ツアー公演。この好機に私たちのできる最高の芝居をお客様にお届けいたします。
フジテレビ主催『T★1演劇グランプリ』で決勝に進出した劇団とくお組を始め、東京グローブ座、劇団テアトルジュンヌ、舞台芸術学院などで活躍する実力派のキャスト陣を迎え、前回をはるかに超えるクオリティでお届けします。
ストーリー 6年前。
舞台は田舎の高校の校舎裏。
皆で授業をサボっては、タバコと笑いで時間をつぶしていた。
恋をしたり、ケンカしたり、着替えを覗き見たり。
そして、深夜の校舎に忍びこむ計画を練ることに盛り上がっていた。
それは、まさしく青春と呼ぶのにふさわしい日々だった。

そして現在。
彼らは再び校舎裏に集まった。
かつて埋めたタイムカプセルを掘り返すために。

しかし、一緒に青春を過ごした仲間達は見違えるようにダメになっていた。
高校時代抱いていた夢はあっさりあきらめてしまっていた。

それでもあの頃よりはしゃぐ彼らがそこにはいた。
無職でもはしゃぎ、腰を痛めながら走り回り、挫折なんて酒で忘れる。
もしかしたら彼らはバカなのかもしれない。


彼らはタイムカプセルを見つけ、何か変わることはできるのだろうか?
現在と過去が交錯しながら、明らかにならなくていい謎まで明らかになっていく…
昔話にしか花が咲かない大人たちの、色あせた学園コメディ。


青春は、8回ぐらいやってくる。
スタッフ 作・演出=松居大悟/舞台監督=久保大輔/舞台監督=森優太/舞台美術=及川順子/演出部=水堀佑香/照明=谷口亜実/音響=池垣敬裕/衣裳=竹尾まき/宣伝美術=小西朝子/制作=半田桃子 ほか
キャスト 福本晋太郎(劇団テアトルジュンヌ)/田中隆三/柴田薫/堀田尋史(とくお組)/鈴木規史(とくお組)/斉藤めぐみ/青木直也/目次立樹/松居大悟 ほか
お問い合わせ 創像工房 in front of.「エイトビートニート」制作
090-8979-1592
beat@sozokobo.com
創像工房 in front of.「エイトビートニート」

チケット発売日

2007年12月1日(土)

入場料金

前売1,200円/当日1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

創像工房 in front of. 090-8979-1592

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年3月6日(木) 〜 3月10日(月)

2008年3月

2 3 4 5 6
  • 18:30
  •  
  •  
7
  • 18:30
  •  
  •  
8
  • 14:00
  • 18:30
  •  
9
  • 14:00
  • 18:30
  •  
10
  • 13:00
  • 17:00
  •  
11 12 13 14 15

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8272

トラックバック一覧