黒色綺譚カナリア派『葦ノ籠』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

黒色綺譚カナリア派

Aoyama first act♯9

『葦ノ籠』

  • 公演中
拡大画像を見る
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

大沢健・下総源太郎 出演決定!!

公演データ

公演期間 2008年3月19日(水)〜3月23日(日)
会場 青山円形劇場
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1 こどもの城
PR・解説 鬼才・赤澤ムック随一の衝撃作を掲げ、
黒色綺譚カナリア派が遂に青山円形劇場に登場。
実力派俳優を多数迎えての第8回公演「葦ノ籠」!!

小劇場界の中の、どのジャンルにも属さぬその独創的世界は、
美しさと残酷さを併せ持った骨太の物語である。
定評ある舞台美術が今回は円形の場にて、
どう観客を驚かせるのかにも要注目だ。
ストーリー 過日、男は大雨の昼下がり息子を失った。
気が付けば、妻も自分の傍から去って行った。

茫然自失で訪れた、河原の非人街。
男はそこで出会う「幼き男娼」を妻に、
「河原乞食の婆」を息子に見間違える。

男娼と老婆は男の妄想に取り入り、
エセ家族を作り上げるが、
次第に妄想は狂想へと速度を増し・・・・。

「目を瞑れば、此処は理想の我が家。」

群れる老婆達!! 駆ける学生服の少年達!!
幼き男娼は、男の妄想に取り入り誰の夢を見るのか。

「熱い。河原の石が焼けている。」

落ちれば浮かばぬ、河原劇。
スタッフ 作・演出・出演=赤澤ムック(黒色綺譚カナリア派)/舞台監督=仲村貴彦/舞台美術=吉野章弘/照明=奥田賢太(オフィスダミアン)/衣装=西荻カナリア工房/制作=黒色綺譚文鳥派 ほか
キャスト 大沢健/下総源太朗/升ノゾミ(黒色綺譚カナリア派)/牛水里美(黒色綺譚カナリア派)/斎藤けあき(黒色綺譚カナリア派)/山下恵(黒色綺譚カナリア派)/吉川博史(黒色綺譚カナリア派)/芝原弘(黒色綺譚カナリア派)/中里順子(黒色綺譚カナリア派)/眞藤ヒロシ/宮地大介(タイタン)/伊藤新(ダミアン)/星耕介(oi-SCALE)/湯田昌次/尾崎宇内/立元竜生/堀越涼(花組芝居)/佐々木富貴子(東京ネジ)/渡邉とかげ(クロムモリブデン)/堀川炎(世田谷シルク) ほか
お問い合わせ 黒色綺譚カナリア派 黒デンワ
090-8461-4699
ticket@kokusyoku.com
黒色綺譚カナリア派web

チケット発売日

2008年2月2日(土)

入場料金

3,800円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

黒色綺譚カナリア派 090-8461-4699

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:382-294

公演日程

2008年3月19日(水) 〜 3月23日(日)

2008年3月

16 17 18 19
  • 19:00
  •  
  •  
20
  • 14:00
  • 19:00
  •  
21
  • 19:00
  •  
  •  
22
  • 14:00
  • 19:00
  •  
23
  • 13:00
  • 18:00
  •  
24 25 26 27 28 29

これは小劇場の枠を越える問題作だ。
流行廃りに囚われず、独創的な世界の構築にのみ力を費やしてきた「カナリア派」の全貌が、
遂に観客の目の前に現れる公演となる事だろう。
(宣伝写真は第6回公演「繭文」より)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8329

トラックバック一覧