劇団掘出者『チカクニイテトオク』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団掘出者

『チカクニイテトオク』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年3月6日(木)〜3月10日(月)
会場 サンモールスタジオ
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M-8F(事務所) B1(劇場)
PR・解説 〜劇団掘出者とは〜

劇団掘出者は歴史に材をとり、その時代に生きた庶民の姿を描くことによって、現在を考えます。
あくまで描きたいのは 「イマ」 です。

直接見つめようとしても見えにくい現代という時代を、
歴史を鏡にして見つめます。
ストーリー 〜わかりたいのにわからない〜

「わかるわかる女」と呼ばれる者がある。
それは他人の喜びや悲しみなどの感情の動きに即座に共感し、「わかる、わかるー」と共鳴する者のことだ。
わたしの知る「わかるわかる女」などは、犬の鳴き声を聞いて、「寂しいのね、わかるわかるー」と共鳴していたが、本当に犬の気持ちまで分かっているのだとしたら驚嘆に値する。この広い世界のどこかには動物どころか体育館の天井にひっかかり、忘れ去られたバレーボールの悲しみすら「わかるわかるー」な者もあるかもしれない。
わたしには人の気持ちや考えていることがわからない。
恋人や友達、親や兄弟の想いですらわからない。こんなに自分に親しい人のことすらわからない自分にがっかりする。確かにわかるふりをすることはできる。わたしはわからないのにわかるふりをしている。それが悔しくてたまらない。他の人たちはどうなのだろう。

また、「わかるわかる女」は難解な映画をみた後に一様に「ふかいよねー」と言う。なにか言っているようで、その実なにも言っていない。
スタッフ 舞台監督=鳥養友美(THE東京エンターテイメント)/舞台美術=鈴木絢子/立原あけみ/角田知穂/照明=松原一貴/音響=池田野歩(THE東京エンターテイメント)/宣伝美術=斉藤さやか/制作=高縁貴彦/山口恵利花/吉川朋美
キャスト 澤田慎司/板橋駿谷/工藤洋崇/赤星武(きゃべ。)/大澤夏美(THE東京エンターテイメント)/北川麗/斎藤淳子/長澤英知(THE東京エンターテイメント)/村松健
お問い合わせ 劇団掘出者
horidasimono@pc.117.cx
劇団掘出者

チケット発売日

2008年1月6日(日)

入場料金

前売り1,800円/当日2,000円(全席自由・税込)

◆大人割引
当日券に限り40歳以上→¥1000
(受付にて年齢確認できるものの提示)

◆大大人割引
当日券に限り60歳以上→¥無料
(受付にて年齢確認できるものの提示)

チケット発売窓口

カンフェティ ◆セブン-イレブンで受け取り可能です。
◆観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
◆登録すると、他劇団のチケットにも使える共通ポイントが貯まります。
◆ご予約の際のすべての手数料(発券手数料・サービス手数料)は劇団が負担いたします。

公演日程

2008年3月6日(木) 〜 3月10日(月)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8415

トラックバック一覧