パパ・タラフマラ舞台芸術研究所『Route45』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

パパ・タラフマラ舞台芸術研究所

パパ・タラフマラ舞台芸術研究所

『Route45』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

 舞台に立つということは、大変な事です。立つ人自信の性格、考え方、あらゆることが舞台に立っただけで、全て現れてしまいます。舞台は隠せないのです。テクニックを身に付けることは大切ですが、頭脳と心のないテクニックで人を感動させられるのはほんの一瞬です。舞台では、立つ人自信が常に試され続けるのです。自分自身に常に問い続けるのも才能です。見えない何かを追い求めようとする力を持っているのも才能です。他者を細かく観察出来るのも才能です。そういった色々な才能と努力が表現を深く、強くしていくものなのです。
 だから私が育てたいのは、このような才能を自ら発見し、その才能を強固にしていけるような表現者に他なりません。アートとは思想の産物です。単なる技術だけでなく、思想の裏づけを持った表現者なのです。そして、そういった人達が将来の日本の文化状況を大きく変えていくことになるでしょう。こういう人達と未来の表現をともに探ることが出来ればと思っています。 
研究所所長/パパ・タラフマラ芸術監督 小池博史

公演データ

公演期間 2008年4月5日(土)
会場 かめありリリオホール
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-26-1
PR・解説 世界で活躍中の『パパ・タラフマラ』付属研究所の公演です!!!
ストーリー 第一幕 『研究生小作品集』
   研究生自ら自作自演した感性溢れる作品集で す。
第二幕 小池博史演出作品『Quiet Question』 
     現在の日本、そして個人として「どう生きるか?」を静かに問いかけた作品。
第三幕 『春の祭典』 
  10年以上も引き継がれた研究所伝統の作品。45分 間踊り続ける迫力の作品は、本年度卒業生だけでなく、これまで卒業して行った研究生の思いも乗せ、ストラビンスキーの”春の祭典”を描きます。
スタッフ 芸術監督=小池博史/舞台監督=三津久/照明=関根有紀子/音響=江澤千香子/ダンスミストレス=あらた真生/宣伝美術=立花英久(burner bros.)/宣伝美術=飛田美紀(burner bros.)/制作=山本麻紗子 ほか
キャスト 荒木亜矢子/石原晶子/石原夏美/市川めぐみ/木野文子/熊谷由起子/竹田啓/田中明子/辻野乃子/馬場良枝/眞嶋木綿/松本聡史/山下伊都子/横手亜梨沙/横手祐樹
お問い合わせ SAI lnc.
03-3385-2066
pai@pappa-tara.com
パパ・タラフマラ舞台芸術研究所

入場料金

前売り2,300円/当日2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

SAIlnc. 03-3385-2066

公演日程

2008年4月5日(土)

上演時間 約3時間

2008年4月

    1 2 3 4 5
  • 17:00◎
  •  
  •  
ご予約いただけます。

皆様のご来場心よりお待ち申し上げております☆

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8486

トラックバック一覧