innerchild『(紙の上の)ユグドラシル』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

innerchild

『(紙の上の)ユグドラシル』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年4月3日(木)〜4月7日(月)
会場 青山円形劇場
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1 こどもの城
PR・解説 古来、日本では神々は森や深山に宿り、その信仰と「樹」、とりわけ「巨木」とは切っても切り離せない関係にありました。

世界に目を向けてみると、精神世界における「樹」というモチーフが言の外多いことに気付きます。
その中でも、最も巨大で有名なものの一つが、「北欧神話」に描かれたトネリコの巨木『ユグドラシル』で、天界へと葉を伸ばし、人間界を幹に抱き、死者の国へと根を張る、「世界樹」とも訳される「樹」です。

現代心理学の世界ではコッホというドイツの心理学者が創案した「バウム・テスト(樹木画法)」という心理検査があります。

何となくペンを取り、真っ白な紙に「樹」を書いてみる。その描かれた「樹」は、その人が無意識であればある程、時も場所も超えて深遠なる精神世界へと直結する。
太古の昔より連綿と連なる「人」=「樹」=「世界」の関係。「信仰」であり「象徴」であり「橋」であり「通信手段」であった「樹」から見えてくる、「世界」の正体。「世界樹」…『ユグドラシル』。

これは「人」であるアナタに「樹」が語る、「世界」の物語。
あるいは、アナタの「世界」に「樹」が語る、アナタという「人」の物語―
スタッフ 作・演出=小手伸也(innerchild)/舞台監督=筒井昭善/舞台美術=筒井昭善・小手伸也/照明=榊美香((有)アイズ)/音響=尾林真理/映像=神戸ちぎ/衣装=渡辺まり/メイク=荻原麻弥/小道具=桜井徹/演出助手=三嶋義信(innerchild) ほか
キャスト 小手伸也(innerchild)/石川カナエ(innerchild)/宍倉靖二(innerchild)/三宅法仁(innerchild)/土屋雄(innerchild)/菊岡理紗(innerchild)/大内厚雄(演劇集団キャラメルボックス)/石村みか/武智健二(ジャパンアクションエンタープライズ)/進藤健太郎(無名塾)/井俣太良(少年社中) ほか
お問い合わせ innerchild
03-5946-4880
info@innerchild-web.com
innerchild HP
ユグドラシル 稽古場ブログ!

入場料金

前売3,500円/当日3,700円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

innerchild

チケット販売サイトへ

J-Stage Navi 03-5946-4880
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:382-497
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:35523
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年4月3日(木) 〜 4月7日(月)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8497

トラックバック一覧