流山児★事務所『綾の鼓 道成寺』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

流山児★事務所

MISHIMAワークショップ・プロジェクト

『綾の鼓 道成寺』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年4月2日(水)〜4月7日(月)
会場 Space早稲田
〒162-0045 東京都新宿区早稲田町74 ビューロー早稲田B1
PR・解説 流山児★事務所が初めて挑む三島由紀夫の劇世界。MISHIMA WORLDはまさに「世界演劇の地平にある作品」である。「現代」を「世界」を読み解くテキストとして三島戯曲へ真摯に取り組む4年がかりのワークショップ・プロジェクトは舞台芸術を志向するモノタチの「原点」を確認する作業現場となる。劇団初のプロダクション・ワークショップで三島の名作=近代能楽集のテキストを徹底的に読み込み、コトバとカラダの様々な視点から作り上げる私達のMISHMA WORLD 演劇の歴史性・文学性・身体性のすべてを孕む三島演劇との格闘は日本のコンテンポラリー・ドラマの過去・現在・未来をつなげる壮大なるプロジェクトである。等身大の日常を描くといった今「ある」多くのテレビ・ドラマ的舞台表現から遠くはなれた「人間の大きな物語」を生み出す真の舞台芸術こそを目指す! そんな演劇の冒険を楽しみながら旅しようという試みです。
ストーリー 『綾の鼓』 昭和27年の作。舞台は向かい合った2つのビルの3階の法律事務所と洋装店で進行する。古ぼけた部屋、善意の部屋にいる老小使・岩吉は向かいのビルの最新流行の部屋、悪意の部屋の客である貴婦人・華子に恋文を送り続けている。悪意の部屋の人々は「綾の鼓」を岩吉に渡し「この鼓を打ってください、鼓の音がこちらまで届いたら思いをかなえてあげましょう」と書き添える。ならない鼓を必至に叩く岩吉、一斉に笑う悪意の人々・・・。

『道成寺』 昭和32年の作。舞台は古道具屋の一室。鐘の模様を彫った巨大な高級衣裳箪笥の売りたての日。主人がその高価な箪笥の値を301万円まで吊り上げたところに「3千円!」で買い求めたいと言い放つ若くて美しい女がいた。名前は清子、踊り子である。この箪笥はある殺人事件で殺しの現場となったもので、自分は殺された男の恋人であるという、そして硫酸をもったまま箪笥の中に閉じこもってしまう・・・
スタッフ 作=三島由紀夫/演出=流山児祥/美術=塩野谷正幸/照明=ROMI/振付=北村真実 ほか
キャスト 木内尚/イワヲ/諏訪創/熊谷清正/阿萬由美/石田恭子/伊藤靖朗/日下範子/松井亜紗美/茉莉以/諸川舞/横尾磨砂美
お問い合わせ 流山児★事務所ホームページ

チケット発売日

2008年3月1日(土)

入場料金

前売り3,000円/当日3,500円/学生割引2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

流山児★事務所 03-5272-1785

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:384-758
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:39649
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年4月2日(水) 〜 4月7日(月)

上演時間 1時間20分

2008年4月

    1 2
  •  
  • 19:00
  •  
3
  •  
  • 19:00
  •  
4
  •  
  • 19:00
  •  
5
  • 14:00
  • 19:00
  •  
6
  • 14:00
  •  
  •  
7
  •  
  • 19:00
  •  
8 9 10 11 12
入場整理券を開演の1時間前より発行しています。
開場は開演の20分前より。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8519

トラックバック一覧