シアターX『泥棒論語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シアターX

シアターXプロデュース公演

『泥棒論語』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年2月15日(金)〜2月17日(日)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説 かわらもの(河原者)世界インターナショナルな一座が
お見世するX恒例の第4回『泥棒論語』は、
座がしら兼主人公の紀貫之を演じる山本健翔
の構成・演出。劇中歌の作曲・生演奏 出演
のロネン・シャピラ(イスラエル)と上等スタッフと
上等キャスト一同にて賑賑しく相つとめまする。
ストーリー 1956年に花田清輝が、初戯曲『泥棒論語』を書いて追求したものを、花田清輝の生涯を貫いて崩れなかった態度にのっとり  「今 われらも追求してみんとて〜」毎年、この戯曲の上演・試行活動を続けてきております。

 いよいよ第4回目ともなる今回は、もっと、もっと弾(はじ)けたいという趣向一直線の“バラエティー舞台”を狙いました。またイスラエルの作曲家・ピアニストの ロネン・シャピラに劇中歌の作曲を依頼し、花田清輝が聴いたら、大いに衝撃と感動とを受けたに違いない 初々しく、鋭く、美しい歌曲で心機一転をはかりました。また、ロネン氏自身も生演奏で出演し 得意のピアノ演奏を披露いたします。

 夢の理想は、美しく狂えれば……ではございますが、
シアターXのこの挑戦、ぜひお見とどけいただければ幸甚です。
スタッフ 原作=花田清輝/構成・演出=山本健翔/音楽・演奏=ロネン・シャピラ(イスラエル)/邦楽囃子=廬 慶順/美術=河井 妙子/衣裳=金子 澄世
キャスト ロネン・シャピラ(イスラエル)/山本健翔/松本邦裕/山本哲也/三宅右矩/ささいけい子/磯見麦子 /西野薫
お問い合わせ シアターX(カイ)
03-5624-1181
info@theaterx.jp
シアターXホームページ

入場料金

前売り3,000円/学生2,500円/シニア2,000円/当日3,500円(全席自由・税込)

学生は養成所も含みます。シニアは65歳以上です。

チケット発売窓口

シアターX 03-5624-1181

公演日程

2008年2月15日(金) 〜 2月17日(日)

2008年2月

10 11 12 13 14 15
  •  
  •  
  • 19:00
16
  •  
  • 13:30
  • 18:30
17
  • 13:30
  •  
  •  
18 19 20 21 22 23

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8552

トラックバック一覧