TOCA*『錆花』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

TOCA*

TOCA* 藤に時鳥公演

『錆花』ああその震える右手で私を撫ぜて土の無い庭のほころびはじめた蕾をつんで

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年4月4日(金)〜4月6日(日)
会場 神楽坂die pratze
〒162-0812 東京都新宿区西五軒町2-12
PR・解説 TOCA* 藤に時鳥公演
「錆花」
ああその震える右手で私を撫ぜて土の無い庭のほころびはじめた蕾をつんで

東京現代劇を掲げるTOCA*
2006年ぴあフィルムフェスティバルにおいて
初監督作品「hanafusa」が審査員特別賞を受賞するなど
多彩な活躍を見せる甲斐博和の新作。
TOCA*としては久方ぶりの劇場公演です。

先日芥川賞を受賞した気鋭の文筆歌手 川上未映子さんよりコメントいただきました。

「甲斐博和の作品の魅力は色つきの釘のようなもので、ああ釘がこんなところに荒々しく刺さってる、と思うのだが、その釘にはなんともハッとするよな彩色がされているために目にも刺さり、時間がたち様々な出来事を忘れたあとでもその色が揺り返してきて色はどんどん大きくなり、
あれ、わたしが見たのは果たして釘だったのかしらんと色ばかりが記憶を結び、
色は目撃者の中で知らんまに形をもつ釘を追い越す、そういう感じ。」

ご期待ください。
ストーリー 桜の開きはじめた四月、東京ではないどこかの海沿いの町。
ホテル新世界という寂れたホテルの寂れた娯楽室。
兄をなくした二人の兄弟の間で
兄の元恋人だった一人の女がさまよい、翻弄される。
平凡と激情が揺れる24時間と少し。
潰れた遊園地、汚い海、ミラーボール、男と女。
スタッフ 脚本・演出=甲斐博和/照明設計=由利優樹/音響=香田泉/舞台製作=柴山龍一/舞台監督=布川恵太
キャスト 甲斐博和/石川油/佐藤もとむ/谷口真衣/黒田佳奈/渡辺さおり/門田純(背番号零)/布川恵太/瀬島典子
お問い合わせ TOCA* 制作
090-4376-2471
info@tocadan.com
TOCA*

チケット発売日

2008年2月15日(金)

入場料金

前売り2,300円/当日2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

TOCA* 090-4376-2471

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年4月4日(金) 〜 4月6日(日)

2008年4月

    1 2 3 4
  • 19:00
  •  
  •  
5
  • 13:00
  • 19:00
  •  
6
  • 13:00
  • 18:00
  •  
7 8 9 10 11 12
記載してある時間は開演時間です。
開場は開演30分前、受付は開演40分前になります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8586

トラックバック一覧