演劇集団 砂地『あわれ彼女は娼婦』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇集団 砂地

『あわれ彼女は娼婦』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年4月16日(水)〜4月20日(日)
会場 神楽坂die pratze
〒162-0812 東京都新宿区西五軒町2-12
PR・解説  ジョン・フォードはエリザベス朝末期の作家で廃頽期特有の美しさにたたえられた戯曲を数多く残しています。その中でも「あわれ彼女は娼婦」は同時代の作家シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を彷彿とさせる登場人物、筋立てでありながら、近親相姦を中心的な題材にしたショッキングな内容の作品であり、フォードの最もよく知られた戯曲です。

今回の上演では、フォードのテキストを大胆に刈り込み、設定を現代に移し、中心人物たちのあまりに直線的で純粋な愛情の行方を描いて行くことをめざしています。

 出演は、兄ジョヴァンニに俳優座の田中壮太郎。妹アナベラに声優としても広く活躍している名塚佳織。そして、アナベラの求婚者で貴族のソランゾには井上裕朗、アナベラの養母プターナに日和佐美香、ソランゾの召使ヴァスケスには本山三火が続きます。
 この戯曲を上演するにあたって必要な役をこの5人に絞り、濃密な舞台空間を演出致します。
ストーリー 兄の苦悩の理由は、妹を愛していることだった。
そして、また妹も兄を一人の男性として愛していた。

味方のない恋。
この【禁断の愛】は、ふたりを破滅に導く・・・。
スタッフ 原作=ジョン・フォード/訳=小田島雄志/構成・演出=船岩祐太/振付=TAKUROU/美術・音響=倉蔵/照明=深瀬元喜/音響操作=中田晶子/舞台監督=坂田恵/制作=始点 ほか
キャスト 田中壮太郎/名塚佳織/井上裕朗/日和佐美香/本山三火
お問い合わせ 演劇集団 砂地
090-6138-5966
info@sunachi.net
演劇集団 砂地

チケット発売日

2008年2月16日(土)

入場料金

一般3,500円/ペア6,000円/学生3,000円/当日4,000円(全席自由・税込)

ペアは前売りのみ
学生は、前売・当日とも共通料金。受付にて要学生証提示。

チケット発売窓口

演劇集団 砂地 090-6138-5966
ホームページ内の予約フォームから、ご予約いただけます。
(セブンイレブンでお支払い・発券頂けます)

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年4月16日(水) 〜 4月20日(日)

2008年4月

13 14 15 16
  •  
  • 19:30
  •  
17
  •  
  • 19:30
  •  
18
  •  
  • 19:30
  •  
19
  • 14:00
  • 19:00
  •  
20
  • 13:00
  • 18:00
  •  
21 22 23 24 25 26

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8610

トラックバック一覧