マドモアゼル・シネマ『ざわめきの4月』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

マドモアゼル・シネマ

『ざわめきの4月』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

マドモアゼル・シネマは今年度ルーマニアにて開催されるシビウ国際演劇祭に参加し、さらなるダンスの旅を続けます。

公演データ

公演期間 2008年4月12日(土)〜4月13日(日)
会場 セッションハウス
〒162-0805  東京都新宿区矢来町158
PR・解説 マドモアゼル・シネマはこれまでに、コンドルズの近藤良平さんと藤田善宏さん、ヴッパタール舞踊団のジャン・サスポータスさん、水と油の小野寺修二さんと、多才な顔ぶれの男性ダンサーにそれぞれの個性で参加して頂き好評を得ていますが、今回はマドモアゼル・シネマのダンサー自身が自分のパートナーを選び共演する初めての試みです。ベテランから若手まで、様々な個性を持つ共演者との「ざわめきの4月」は、予測不可能、だけれども懐かしくてちょっぴり切ない、それでいてくすっと笑える、たくさんの感情が味わえる1時間のダンスシアターです。
ストーリー 気持がもつれて2月、3月。4月にはふたりでひとつの歌を歌うよ。
13人の男女が深い河を漂流する「ざわめきの4月」は、男と女、恋も友情も勘違いもありのダンスシアターです。女性ばかりのマドモアゼル・シネマが今旬な男性ダンサーを巻き込み、ざわめく春を伝えます。
スタッフ 構成・振付=伊藤直子/照明=若尾美穂/音響=上田道崇/舞台監督=森将雄/衣裳=原田松野(女子美術大学ファッション造形科)/美術=くに若尾/記録映像=たきしまひろよし/制作=伊藤孝
キャスト 窪田玲/相原美紀/竹之下たまみ/伊達麻衣子/大島菜央/伊藤茉野/郡司英雄/藤田拓也/三浦宏之/相馬秀美/藤原治/鈴木拓朗/鈴木清貴
お問い合わせ セッションハウス企画室
03-3266-0461
mail@session-house.net
Mademoiselle CINEMA

入場料金

前売2,700円/当日3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

マドモアゼル・シネマ 03-3266-0461

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年4月12日(土) 〜 4月13日(日)

上演時間 約70分

2008年4月

6 7 8 9 10 11 12
  • 19:00
  •  
  •  
13
  • 15:00
  • 19:00
  •  
14 15 16 17 18 19

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8732

トラックバック一覧