ZIPANGU Stage『フェイス・ザ・ミュージック』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ZIPANGU Stage

『フェイス・ザ・ミュージック』〜伝説のロックバンドを再結成せよ!〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年5月18日(水)〜5月22日(日)
会場 萬スタジオ
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-32-22
PR・解説 Face the music 「音楽に顔を向けろ」
 英語ではこの言い回しで、「自分の行動の結果をいさぎよく受け止める」「困難に立ち向かう」「非難をまともに受け止める」などの意味になるそうです。
 ロックバンドにとってはまさに象徴的。 勝負のときに彼らはくじけずに障害に立ち向かうことができるのか。彼らの顔を向けるべき「音楽」って何なのか。
 ブレイク寸前のバンドを主役に、実際の演奏はなくても、ハードロックが聴こえてくるような舞台をお届けしたいと思っております。
ストーリー 今回は、ロックバンドのお話です。
 舞台はとあるライブハウスの出演者控室。有名音楽プロデューサーを迎えてのライブ当日……念願のメジャーデビューへの千載一遇のチャンスのハズの日に、なぜかバンドのメンバーが揃わない、ところからお話が始まります。
 足りないメンバーをごまかしつつもなんとかライブを成功させようと、あの手この手を尽くす主人公たちなのですが、立ちはだかるように様々なトラブルが続出します。スタートの時間は刻々と迫る中、事態解決のために主人公が企てた究極の秘策とは……伝説のロックバンドを再結成せよ!?
 ロックバンドのドラマと言えば、普通に考えれば若者たちのサクセスストーリー……が常道だとは思うのですが……今回は、少々趣が異なります。物語のキーになるのは、メンバーたちが今も憧れてやまない、20年前に突如解散した『伝説のロックバンド』。夢を追うモノたちと、かつて志半ばで夢を諦めたオジサンたち。ふたつのロックバンドにかかわるジンセイがどう交わるのか…。
めちゃくちゃ笑えて、ほんのりしみじみとする、お話です。
スタッフ 作・演出=今石千秋/演出助手=井上史浩/舞台美術=奥天芳明(オーズプロジェクト)/照明=猿谷香織(SPC)/音響=田島誠治(SoundGimmick)/舞台監督=稲毛健一郎/チラシ画=久原大河/宣伝美術=前田明洋/制作=ZIPANGU Stage制作部
キャスト 新田正継/滝沢久美/佐土原正紀/キム木村/西薗優/村上健司/平野ともえ/宮本ゆるみ/斉藤いさお/中村だいぞう(ニューロン5)/橋本仁(ひょっとこ乱舞)/杉岡愛子 ほか
お問い合わせ ZIPANGU Stage
042-365-3029
zipangustage@jcom.home.ne.jp
ZIPANGU Stage公式HP

チケット発売日

2005年4月15日(金)

入場料金

前売シングル2,800円/前売ペア4,900円/当日シングル3,000円/学生割引(前売・当日とも)1,500円(全席自由・税込)

ペアチケットは前売のみ、学生割引は当日要学生証

チケット発売窓口

劇団ZIPANGU Stage 042-365-3029

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:360-988

公演日程

2005年5月18日(水) 〜 5月22日(日)

2005年5月

15 16 17 18
  • 19:00
  •  
  •  
19
  • 19:00
  •  
  •  
20
  • 14:00
  • 19:00
  •  
21
  • 14:00
  • 19:00
  •  
22
  • 14:00
  •  
  •  
23 24 25 26 27 28

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=874

トラックバック一覧