SOULPROJECT『蜻蛉の華』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

SOULPROJECT

がざびぃ芝居月2008参加作品

『蜻蛉の華』〜クサリメグリ〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年4月24日(木)〜4月27日(日)
会場 遊空間がざびぃ
〒167-0042 東京都杉並区西荻北5-9-12 そらの上
PR・解説 「あなたに出会っていなかったら、いまここで枯れることはなかったでしょう
でもあなたと出会っていなかったら、私という華が咲かなかったでしょう」
幼少期(蟻地獄)に一匹の男(蜘蛛)と出会い、存在自体を否定されながらも「生きる意味」に巡り会えた一人の女性(薄羽蜻蛉)の物語。
「「生きる意味」との巡り合いを、虫の世界を通して人の世界に映し出す、台詞を使わずにダンスだけで綴るストーリー。
ストーリー 地中に息を潜める1匹の蟻地獄、その名を露といった。
露はある日、巣から這い上がり1匹の蜘蛛と出会った。
露から見たら蜘蛛は食料、蜘蛛は地面の下にいる露など知るはずもない。
露は蜘蛛の後をつけて行くと、蜘蛛は一株の蘭の前まで来て立ち止まった。蘭には花の芽が出ている。
蜘蛛はこの蘭の蕾が咲くのを見守っていたのだ。
「この芽が花を咲かせるのを見守って行きたい。」
露も芽を撫で始めていた。蜘蛛はそのことがまるで嬉しいかの如く黙って受け入れてくれている。
「私も一緒にこの花を愛したい。」
想いが伝わった。そんな気がした。

月日が流れ、露は繭からついに羽化し、1匹の美しい薄羽蜻蛉となった。
「あの花のところへ…」
あの蕾のあった場所に行くと、そこには成長した姿の蜘蛛がいたのだが…
スタッフ 作・演出・振付=小村作真/エンディング音楽制作=秦修/音響=大石和洋/照明=南出良治/衣装=園山織衣((株)つばさプロジェクト)/宣伝美術=秋山諭・木下尚子/制作=SOULPROJECT(大路 紀子・小村 作真)/制作協力=川井麻貴(SEABOSE)/写真撮影=武藤奈緒美/ビデオ撮影=本間明
キャスト 風戸 蒔/加藤 郁子/桑原 薫/小村 作真/小藪 有未(Dance Arabesque)/執印 徳枝/鈴木 愛(SAN-March)/高倉 亜樹/谷山 知宏(花組芝居)/中川 涼/長谷川 真弓/花田 千紘((株)山王プロダクション 劇団日本児童)/花田 麻由子(劇団美舞和)
お問い合わせ SOULPROJECT
090-3426-3819
tomokikaku@softbank.ne.jp
SOULPROJECT

チケット発売日

2008年1月23日(水)

入場料金

一般(前売・当日)2,500円/60歳以上1,500円(全席自由・税込)

チケットは全て日時指定・全席自由席です。
60歳以上割引チケットは劇団HPでのみ取り扱いです。

チケット発売窓口

SOULPROJECT 090-3426-3819

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年4月24日(木) 〜 4月27日(日)

2008年4月

20 21 22 23 24
  • 19:30
  •  
  •  
25
  • 19:30
  •  
  •  
26
  • 13:00
  • 16:00
  • 19:00
27
  • 14:00
  • 17:00
  •  
28 29 30      

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8788

トラックバック一覧