流山児★事務所『双葉(そうよう)のレッスン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

流山児★事務所

(社)日本劇団協議会 創作劇奨励公演

『双葉(そうよう)のレッスン』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

この京都VS名古屋の異才たちによるコラボレーションは演劇シーンを揺さぶる事件となる

公演データ

公演期間 2008年6月11日(水)〜6月17日(火)
会場 ザ・スズナリ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15
PR・解説 『愛のテール』『ヒラカタノート』でOMS戯曲賞2年連続受賞という注目の新鋭劇作家:ごまのはえの「新作書き下ろし」をポスト・ドラマ演劇の旗手:天野天街が演出。創立以来25年様々な新鋭劇作家とのコラボレーション=人材育成活動を続けている。とりわけ関西、東海の演劇人とのコラボは「J演劇」と呼ばれる「トーキョー商業(小劇場)演劇シーン」を批評=相対化し現代演劇の新しい地平を切り開く作業でもある。舞台芸術は常に「現在」と「社会」を描く鏡である。常に自分の言葉を「社会化」して作品を作るオトコ=ごまのはえと「世界」を描くアマノテンガイとの出会いは《事件》 ならば俺は役者で出るしかない。流山児祥
ストーリー 雨が降りやまないので「二人」は指定された避難場所に行くことにした。そこは丘の上の旧家。「三人」の兄弟が住んでいる。家の外には「五匹」の犬が雨に向かって吠え、「無数」の蜆を食べ散らかす。「一つ」の大きな岩が雨で流れ落ちそうになる。「二人」と同じように様々な「二人」がそこに避難してきた。レッスンがはじまる。
スタッフ 作=ごまのはえ(ニットキャップシアター)/演出=天野天街(少年王者舘)/音楽=本田実/美術=水谷雄司/照明=小木曽千倉/音響=島猛/振付=夕沈/映像=濱島将裕/舞台監督=伊東龍彦/演出助手=藤村一成 ほか
キャスト 伊藤弘子(流山児★事務所)/木内尚(流山児★事務所)/上田和弘(流山児★事務所)/甲津拓平(流山児★事務所)/小林七緒(流山児★事務所)/里美和彦(流山児★事務所)/藤井びん/小熊ヒデジ(KUDAN Project/てんぷくプロ)/さとうこうじ/深山洋貴(Studio Life)/井村昂(少年王者舘)/立原麻衣/平野直美(流山児★事務所)/木暮拓矢(流山児★事務所)/坂井香奈美(流山児★事務所)/武田智弘(流山児★事務所)/流山児祥(流山児★事務所)
お問い合わせ 流山児★事務所
03-5272-1785
流山児★事務所

チケット発売日

2008年4月27日(日)

入場料金

前売り4,200円/当日4,500円/学生割引3,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

流山児★事務所 03-5272-1785

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:385-784
ローソンチケット
lawsonticket.com
Lコード:33483
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年6月11日(水) 〜 6月17日(火)

2008年6月

8 9 10 11
  •  
  • 19:00
  •  
12
  •  
  • 19:00
  •  
13
  •  
  • 19:00
  •  
14
  • 14:00
  • 19:00
  •  
15
  • 14:00
  • 19:00
  •  
16
  •  
  • 19:00
  •  
17
  • 14:00
  •  
  •  
18 19 20 21

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8807

トラックバック一覧