青果鹿『しゃなりしゃなりと闇夜の鱗粉』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

青果鹿

『しゃなりしゃなりと闇夜の鱗粉』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年5月3日(土・祝)〜5月6日(火)
会場 サンモールスタジオ
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M-8F(事務所) B1(劇場)
PR・解説 カーナカナカナカナカナ? カナ?
悩めるヒグラシの杉の森、真昼間だというのにほとんど日のささないこの森で、俺の娘は泣いていた。
ストーリー  三人の女の住む家がありました。三人は三人とも、マリアと名乗っていました。
 ある日その家に、ベッドのセールスマンが訪ねて来ました。自分が身重であると信じているマリアたちは、執拗に彼に飼い葉桶を求めました。
 しかし、ベッドのことなどで言い争いをしている場合ではありませんでした。お便所が溢れ出してしまったのです。マリアたちが慌てふためいて修理屋さんを呼ぶと、やって来たのは偶然にもセールスマンの旧知の友でした。便所修理屋さんは、マリアたちが三人ともセールスマンの奥さんだと勘違いして、便所修理をはじめました。
 そこへ、いきなり昆虫博士とその弟子が現れます。彼らは、セミヤドリガという蛾を探していましたが、捕まえたのはドクガという蛾でした。ドクガがセールスマンの顔にとまってしまいました。毒毛が顔中に刺さって痒がるセールスマン、そこへ、便所修理屋さんが戻ってきました。お便所が溢れ出した原因は……。
スタッフ 作・演出=澤藤桂/美術=丸山賢一/照明=松本永/演奏=可児明日香/演出助手=眞壁良輔
キャスト 白石里子/本田めぐみ(劇団ダルメシアン)/今井由香利/吉田賢司/鯨井智充/星淳一/犬塚浩毅
お問い合わせ 青果鹿
03-6240-1153
shika@seikashika.web5.jp
青果鹿

チケット発売日

2008年4月10日(木)

入場料金

前売3,000円/当日3,200円(全席自由・税込)

15歳未満の方の入場はお断りいたします

チケット発売窓口

青果鹿 03-6240-1153

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:385-146

公演日程

2008年5月3日(土・祝) 〜 5月6日(火)

上演時間 約90分

2008年5月

        1 2 3
  • 15:00
  • 19:00
  •  
4
  • 14:00
  • 18:30
  •  
5
  • 14:00
  • 18:30
  •  
6
  • 14:00
  •  
  •  
7 8 9 10

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8809

トラックバック一覧