財団法人 現代人形劇センター『はこ/BOXES』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

財団法人 現代人形劇センター

デフ・パペットシアター・ひとみ結成25周年記念作品

『はこ/BOXES』じいちゃんのオルゴール♪

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年6月28日(土)〜6月29日(日)
会場 シアタートラム
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1
PR・解説  演出は、言葉のない人形劇の演出・プロデュースなど幅広い活動をしてきた人形劇会の精鋭、くすのき燕です。
デフ・パペットシアター・ひとみが結成以来積み重ねてきた言葉に頼らない人形劇の表現技術を駆使して、
未だかつてない精選されたレベルの高い人形劇を創り出しました。
作品のテーマは、「文明と家族」です。単なる機械文明の批判にとどまることなく、機械によって温かくなったり、
冷たくなったりする家族の様子を、人形劇ならではのユーモアも交えて表現します。
子どもから大人まで、家族で楽しめるデフ・パペットシアター・ひとみのファミリー人形劇です。
ストーリー  物語は舞台に並んだたくさんの「はこ」から始まります。
ある「はこ」のフタが開くとき、人形劇『はこ/BOXES』の幕開けです。
少女が手にした一つの「はこ」。それは幼なじみの少年がプレゼントしたオルゴール。
やがて二人は結婚して、娘を授かります。
さらに時は過ぎ、その娘も結婚して家族はどんどん賑やかになりました。
そんな家族のまわりでは、急速に文明が発展していきます。
一つの部屋に集まって一台のテレビをみんなで観る時代はすぐに終わります。
それぞれの部屋で家族はバラバラに過ごすようになりました。
そんなとき今はおばあちゃんになった少女は、孫に思い出のオルゴールを手渡しました。
スタッフ 構成・演出=くすのき燕(人形芝居燕屋)/美術=太田拓美/音楽=田丸智也/音楽=やなせけいこ/照明=後藤義夫((有)ステージ・アイ)
キャスト 榎本トオル/やなせけいこ/善岡修/石川哲次/勝又茂紀/高橋ちひろ/篠崎亜紀
お問い合わせ 現代人形劇センター事務所
044-777-2228
deaf@puppet.or.jp
デフ・パペットシアター・ひとみ

チケット発売日

2008年4月20日(日)

入場料金

おとな3,000円/こども2,000円/おとな当日3,500円/こども当日2,500円/SePT倶楽部会員おとな2,700円/SePT倶楽部会員こども1,800円/世田谷区民おとな2,800円/世田谷区民こども1,900円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

財団法人現代人形劇センター 044-777-2228
シアタートラム 劇場チケットセンター 03-5432-1515
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:385-787

公演日程

2008年6月28日(土) 〜 6月29日(日)

2008年6月

22 23 24 25 26 27 28
  • 14:00
  • 18:30
  •  
29
  • 14:00
  •  
  •  
30          

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8815

トラックバック一覧