劇団破戒オー!!!『刺青姫』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団破戒オー!!!

ハルランマン第七回公演

『刺青姫』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年4月9日(水)〜4月13日(日)
会場 王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4
PR・解説 うなれ筋肉!爆発せよ脳味噌!
ハラハラ感を光速で超えて、ギリギリ感をひたはしる!
これでどうだ!直感ビターーーーン!あなたの五感を刺激する!
目を背むけたくない真実なんて真実のうちに入らない!
劇団破戒オー!!!公演!!!!!!!!
刺青姫!!!!
ストーリー ―1997年、関西のとある中学校。
職員室では、ある夫婦が突如子供達がいなくなったと訴えていた。

「先生。俺は、子供らを探しに来ただけです」
「年齢の割りにしっかりしとるから。ちゃんと帰ってきますよ」
「それがおらんから心配しとるんやろが!!」

一方、教室では、生徒たちが次の日に控える文化祭のために準備に勤しんでいた。
そこに、不意に起こる一つの異変。

「野良猫いなくなったんか?」
「毎朝裏庭でエサあげてたんやけども」
「もしかしたらもう死んでるのかもしれへんなあ」

「ここだけの話、猫失踪と子供ら失踪の犯人は同じ奴とちゃいますか?」

そんな彼らの元に送られてきた
真っ赤な画用紙に書かれた
一通の犯行声明文。

『さあゲームの始まりです。
 愚鈍な人間たちよ、ボクを止めてみたまえ。
 僕は殺しが愉快でたまらない。
 人の死が見たくて見たくて仕方が無い。
 死んでも消えない刻印の裁きで、
 ボクが刻んだ罪に焼かれろ
            未来殺しの神破鎖魅』

犯行声明文を手にする彼らの先にたたずむのは、
クラスでイジめられている、
一人の14歳の少年だった。
お問い合わせ 藤丸悠理
09061824970
hakai_o@hotmail.com
劇団破戒オー!!!サイト
刺青姫特設ページ

チケット発売日

2008年3月1日(土)

入場料金

普通席2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団破戒オー!!! 09061824970

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年4月9日(水) 〜 4月13日(日)

2008年4月

6 7 8 9
  • 19:00
  •  
  •  
10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 19:00
  •  
  •  
12
  • 14:00
  • 19:00
  •  
13
  • 13:00
  • 17:00
  •  
14 15 16 17 18 19

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8834

トラックバック一覧